1. TOP
  2. 日本人が持つ侘び寂びの精神とは?わかりやすく解説してみた

日本人が持つ侘び寂びの精神とは?わかりやすく解説してみた

 2015/03/13 茶道 精神
この記事は約 6 分で読めます。 2,059 Views
茶道 侘び 寂び 意味 解説

日本人が持つ侘び寂びの精神とは?わかりやすく解説してみた 

 

「侘び」「寂び」っていったいなんでしょうか?

日本独特の美意識の表現でありながら、

自信を持ってこれだと答えるのは難しいですね。

 

私は、「侘び」「寂び」と聞くと、

自然と頭に思い浮かべる歌があります。

 

 ~見渡せば 花も紅葉もなかりけり 浦の苫屋の秋の夕暮~

 

新古今和歌集の藤原定家の歌で、まさに私の頭の中の

「侘び」「寂び」を見事に表してくれる一首です。

Sponsored Links

侘びっていったいなに?

茶道 侘び 寂び 意味

辞書によると侘びとは下記のような意味とあります。

 

1. 茶道・俳諧などにおける美的理念。

簡素の中に見いだされる清澄・閑寂な趣。

中世以降に形成された美意識で、特に茶の湯で重視された。

 

2. 閑寂な生活を楽しむこと。

 

3. 思いわずらうこと。悲嘆にくれること。

 

「侘び」という言葉はすでに万葉集の中にも登場し、

恋がかなわない寂しさ苦しさを表すときに使われていた言葉でした。

 

奈良時代には「侘び」という言葉は、美意識を表す言葉ではなく、

苦しさや悲しさ、寂しさを表す意味合いで使われていましたが、

その後時代を経て、「侘び」が「閑寂な趣」を表す言葉として

尊重されるようになっていったようです。

 

「侘び」という言葉においてはその意味合いに

変遷があったように思いますが、古くうらぶれたもの、

簡素さの中の美しさを愛でる美意識は、

昔から日本人の中に変わらずにあったことは、

枕草子の一説からも読み取れます。

 

秋は夕暮れ 夕日のさして山の端いと近うなりたるに 

烏の寝どころへ行くとて 三つ四つ 二つ三つなど

飛び急ぐさへあはれなり

 

これは夕暮に鳥が寝床へ帰ってゆく寂しげな様子ですが、

そんな夕暮時こそがいい、と言っているその美意識もまた

「侘び」ではないかと思います。

 

そして時代は違いますが、藤原定家の「見渡せば~」の歌には、

うらぶれた海辺の苫屋の夕暮に、

花や紅葉とは別の美しさを詠み人が感じているような気がします。

 

金でも錦でも大輪の花でもない、簡素な海辺の家の夕暮に、

何か別の美しさを感じている美意識こそ「侘び」ではないかと思います。

 

それでは、「侘び」という言葉が、現代のように

独特の美意識を表すようになったのはいつごろなのでしょうか。

Sponsored Links

物の本によりますと、「侘び」と言う言葉が

頻繁に使われるようになるのは、

南北朝時代から江戸初期の間のようです。

 

その時期はちょうど千利休が活躍した時代であり、

茶道が中国式から日本風にアレンジされ、

侘び茶のスタイルが確立された時期でもあります。

 

侘びを理解できないものは茶人ではないとまで言われるほど、

「侘び」が尊重されていた時代でもあり、「侘び」という言葉、

美意識は茶道の発展とともに広まっていったと思われます。

 

『侘びという言葉は 古人もいろいろに歌に詠じけれども

近くは正直に慎み深くおごらぬ様を侘びと言う』

 

真偽は不明ですが、利休の師匠である、

武野紹鴎の言葉として伝わっています。

 

「侘び」について語った言葉ですが、自分の才能を過信したり、

無理をして実力以上のことをしようとしたりしない、

慎み深く正直な姿勢であるべきという教えなのだと思います。

 

けれどもなんとも概念的で、辞書のように明確に

侘びとはこうである、という記述はありません。

 

寂びとはいったいなに?

茶道 侘び 寂び 意味 解説

「侘び茶」という言葉はあっても、

「寂び茶」とは聞いたことがありません。

 

しかしこの「侘び」と「寂び」は、セットとして

日本の独特の美意識を表す言葉として定着しています。

 

いったい「寂び」とはなんなのでしょうか。

「侘び」が、南北朝時代から江戸初期にかけて

頻繁に使われているのに対し、

「寂び」は江戸時代になってよく出てくる言葉だそうで、

お茶の世界でもこの頃、大名茶人の中から

「寂び」ということばが良く出てくるようになるそうです。

 

この「寂び」が江戸時代になって頻繁に使われるのは、

松尾芭蕉などの俳句の影響があるという説もありますが、

大名茶人の片桐石州は寂びを「分限相応」という意味で使っています。

 

分限相応とは一体なんでしょうか。

分限= 持っている身分・才能などの程度。身のほど。分際。

 

分限相応とは、身の程にふさわしい=身の程を知る、

ということでしょうか。

 

石州のこの分限相応は、武士は武士らしく、

町人は町人らしく、という封建的な身分の上にたった発言

であるとする考えもあるようですが、

身の程を知るとは決して悪い言葉ではないと思うのです。

 

古く万葉集での「さび」は、「翁さび」「乙女さび」のように、

「~らしさ」という意味合いがあり、

そのものらしくなるという意味があるそうですので、

分限相応と同じような意味にも取れますね。

 

また、武野紹鴎が侘びについて語ったとされる言葉

「正直に慎み深くおごらぬ様」とも通じるものがあります。

 

現在では「侘び」「寂び」は同じ言葉のように使われていますが、

それはその根本にある精神性が同じだからではないでしょうか。

 

分相応にそのものらしく、正直に慎み深くおごらぬ様。

それが「侘び」「寂び」の考えかもしれません。

 

 

侘び寂びまとめ

茶道 わびさび  意味 説明 一期一会

分相応にそのものらしく、正直に慎み深くおごらぬ様。

それは人間だけに通じるものではなく、

定家の「浦の苫屋の夕暮」、枕草子の「寝床に帰る雁」、

そして鄙びた草庵の茶室、茶碗、茶入、

すべてのものに変化して通じるものではないでしょうか。

 

「侘び」「寂び」の理解は、

人それぞれの考えがあり微妙に違っています。

 

けれども、それは表現の違いであって、持っている価値観が

まったく異なっているわけでありません。

 

静寂、慎み、古きよきもの、小さいもの、

不完全に見えるもの、それらを肯定する価値観が根底にあります。

 

日本人なら誰もが感覚的に理解できるものであり、

説明しようにもうまく説明できないもの、

それが「侘び」「寂び」なのではないかと思います。

Sponsored Links



一日一禅(メールマガジン・週刊)

あなたの疲れた心を軽くする「禅語」をメルマガで紹介するサービスです。
禅の心に触れて身も心もリフレッシュ!

下記のフォームに氏名とメールアドレスを入力して下さい。

お名前  
メールアドレス
※メールアドレスの入力間違いが多くなっていますので確認下さいね。※

\ SNSでシェアしよう! /

WABI×SABIの注目記事を受け取ろう

茶道 侘び 寂び 意味 解説

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

WABI×SABIの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

小梅

今までフラメンコ、アロマテラピー、英会話と色々な趣味を渡り歩きましたが、8年前、ようやく和のお稽古にたどり着きました。
今まで日本に生きてきて、日本人としての礼儀作法、精神、そして日本文化の奥深さを何も知らずに生きてきたと軽くショックを受けました。
お茶の世界では、まだ卵の内側から殻をつついているくらいのヒヨコですが、これから、細く長く、お茶と付き合って行けたらなと思っています。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 日々是好日の意味と禅の心とは

  • 夏の茶花ムクゲの剪定方法と時期

  • 年表で早わかり!茶の湯の歴史まとめ

  • 茶室と水屋の手入れの方法をご紹介!水皿編

関連記事

  • 茶道って何のためにあるの? 

  • 茶道で気遣いが必要な2つの瞬間

  • 日本人の心である侘び寂びの精神とは?

  • 日本の茶道精神を初心者向けに動画で解説してみました

  • 茶道の精神が女子力を高めてくれる3つの理由

  • 侘び寂びの心を身につけよう!今こそ日本を振り返る時