1. TOP
  2. 日本人の心である侘び寂びの精神とは?

日本人の心である侘び寂びの精神とは?

 2015/03/31 茶道 精神
この記事は約 4 分で読めます。 2,939 Views
bdd9321075a695118374d2d1f5f4f31b

日本人の心である侘び寂びの精神とは?「茶の湯」の精神と聞いて思い浮かぶのは

「詫び寂び」という言葉ではないでしょうか。

 

私もなんとなく、日本らしい庭園や簡素で

趣のある風景を見ると「侘び寂びを感じるな~」などと思ったりしていますが、

この使い方、合ってますかね?

侘び寂びとは実際どんなものなのでしょうか。

Sponsored Links

「侘び寂び」、「侘び」ってなに!?

913224938d80ab93d65865d6c34b8b80

「侘び寂び」は、「侘び」と「寂び」という二つの日本語で成り立っています。

「侘び」には、気落ちする、辛いと思う、落ちぶれるという意味があり、

中世以降に形成された美的理念の一つで

特に茶の湯文化で重視されてきました。

 

言葉で表すのは難しいのですが、

簡素の中に見出される閑寂を楽しむ心と言えます。

万葉集の中でもこの概念がありますし、

「侘び茶」という茶の湯もあります。

 

侘び茶は村田珠光が創始者で、

千利休が大成したと言われています。

道具の豪華さや派手さで競うのではなく、

無駄なものをそぎ落とし、より精神性を求めた茶の湯です。

 

兼六園にある「夕顔亭」という茶室がありますが、

こちらは侘び茶に使われる茶室で、

他の建造物からも隔離して建てられており、

塗装もあまりされていない自然のままの情感を大切にしています。

この自然体で趣のある落ち着いた

情緒を楽しむ事が侘びの真髄となるのです。

 

 

00fb66b5 (1)

「寂び」って!?

 

「寂び」とは、粗末な様子、寂びれるといった意味です。

世の中にある物は年月が経つにつれて劣化していき、

さびれ、古くなって汚れていきますが、

逆にそれを変化がもたらす美しさとして見出すものです。
つまり、「侘び」と「寂び」は別の概念ですが表裏一体で、

不完全を美しく思う心なのではないかと思います。

Sponsored Links

「侘び寂び」は世界にも認められている日本人の心!!

IMG_4014

侘び寂びを言葉や文章で表すのは本当に難しいことです。

人それぞれの感じ方によっても違いますし、

何が正解ということもないですし・・・。
私が茶道を通して感じる侘び寂びは

歴史ある茶道具の佇まいや、

決して派手ではないけれど

いつまでも見ていられる簡素で美しい庭を見た時です。

 

私の茶道の先生は季節に合わせて

様々な茶道具を準備してくださるのですが、

お茶碗や茶入れ等々、歴史のあるものも中にはあります。

長い年月を重ねてきたからこその趣といいますか、

手になじむかんじはなんとも言えない情緒があります。

かといって必ずしも高価な品というわけではないですし、

そんな立派なものを見抜く目など私にあろうはずもありません(笑)

 

茶道 茶会 費用 会費 

しかし、侘び寂びとは人それぞれ。

夕日を見て美しいけどなんとなく寂しいとか、

道の隅っこに遠慮がちに咲いている野の花を美しいと思うなど、

誰もが日常の中で自然と感じる気持ちが

侘び寂びという精神なのかなと私は思います。

 

日本人の心とよく言いますが、

Simple is the Best.という文句があるように、

余計なものを排除し必要なものだけで

閑寂を楽しむ事を重視する感覚は

世界でも通用する日本の伝統文化なのだと思います。

 

現代は物や情報が溢れすぎていて、

本当に大切なものが見えにくくなっているところがあります。

そんな中で「足ることを知る、つつましさを知る」

侘び寂びの精神はますます見直されるべき

日本人の心なのかな~なんて思いました

Sponsored Links



一日一禅(メールマガジン・週刊)

あなたの疲れた心を軽くする「禅語」をメルマガで紹介するサービスです。
禅の心に触れて身も心もリフレッシュ!

下記のフォームに氏名とメールアドレスを入力して下さい。

お名前  
メールアドレス
※メールアドレスの入力間違いが多くなっていますので確認下さいね。※

 

 

\ SNSでシェアしよう! /

WABI×SABIの注目記事を受け取ろう

bdd9321075a695118374d2d1f5f4f31b

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

WABI×SABIの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

鈴木 えみ

鈴木 えみ

京都出身の母の影響で茶道を始めて6年目。まだまだ新米ですが、良い先生に巡り会え、可愛がっていただきながら楽しくお稽古を続けています。茶道を習えば大好きな和菓子とお抹茶がいただける!綺麗な着物も着る機会が増える!と、お気楽ご気楽、頑張っています♩

この人が書いた記事  記事一覧

  • 茶道のお稽古は着物じゃないとだめ?

  • 日本人の心である侘び寂びの精神とは?

  • 誰にも聞けない!茶道教室の月謝はいくらくらい?

  • 茶道のお稽古の時間はどのくらい?

関連記事

  • 茶道って何のためにあるの? 

  • 茶道で気遣いが必要な2つの瞬間

  • 侘び寂びの心を身につけよう!今こそ日本を振り返る時

  • 日本の茶道精神を初心者向けに動画で解説してみました

  • 日本人が持つ侘び寂びの精神とは?わかりやすく解説してみた

  • 茶道の精神が女子力を高めてくれる3つの理由