1. TOP
  2. 茶道をしている男性のイメージは?

茶道をしている男性のイメージは?

 2015/06/03 茶道
この記事は約 4 分で読めます。 723 Views
イメージ2

茶道をしている男性のイメージは?

茶道をやっている男性のイメージは様々

hisumiy_016_002

 

現在女性が習うことが多くなっている茶道を、男性が始めるのは恥ずかしかったり、

少し変わった人に見られたりすることがあるという声を聴きます。

確かに、「茶道を習っているんだ」と男性から言われたら、

変わった人だなぁと思ってしまうこともありました。
しかし、実際私自身が茶道を習いはじめてから

印象が良い方に変わりました。

茶道を習う前は、茶道のことも良く知りませんし、

男性が茶道のお点前をしている姿も見たことがありません。

機会があるとしたらTVのドラマやニュースでみること

がある程度だと思います。

一方で実際に茶道を習い始めると、茶道教室や茶会で

男性がお点前しているところを見る機会があります。

目の前で男性のお点前を見ると、

女性とはまた違った美しさ、そして凛々しさ

見えて引き込まれていきました。

このように、

茶道を習っている人と習っていない人では、

「男性が茶道を習っている」という話を聞いた時に

想像するイメージは、少し異なるのではないかと思います。

着目する部分が違うからなのかもしれませんね。

Sponsored Links

そもそも、茶道は男性が行うものであった

hisumiy_016_001

茶道文化の歴史をあまり知らない方は、

茶道を女性が所作を習う花嫁修業のためのもの、とイメージしている方が多いです。

 

しかし、茶道を女性が習い事としてやりはじめたのは明治時代からであり、

それまではほとんど男性が中心に茶道を行っていました

例えば鎌倉時代には、武家や公家に茶の文化が広がっていましたし、

みなさんがご存知の千利休も男性ですね。

Sponsored Links

松下幸之助と茶道

hisumiy_016_003

女性の所作を習うイメージが強くなっている茶道でありますが、

日本を支える家電メーカーの1つである

パナソニックの創始者松下幸之助さんも

茶道を愛していたそうです。

 

幸之助さんが茶道に興味を持ったのは、

裏千家十四代家元である淡々斎さんとの出会いから始まったようです。

淡々斎さんの人柄と、お茶の精神に強くひかれたことがきっかけのようです。

 

幸之助さんは、

「昭和最後の大茶人」

と言われるようになったといいます。

茶道を修得された人の人柄がきっかけで

興味を持ってもらえるというところが茶道らしいなと感じました。

そしてお茶の精神の部分は、ビジネスパーソンにおいても重要な鍵となることが

幸之助さんの行われてきたことから感じることができました。

 

“幸之助が精魂 をかたむけた著書『人間を考える』は、昭和四十七年この真々庵の庭 を眺めながら書かれたのだ。 「人間の偉大さは、個々の知恵、個々の力ではこれを十分に発揮することはできない。古今東西の先哲諸聖をはじめ幾多の人びとの知恵 が、自由に、何のさまたげも受けずして高められつつ融合されていく とき、その時々の総和の知恵は衆知となって天命を生かすのである」そのような幸之助思想を具現化したものがまさしくこの庭園だった”(引用:松下幸之助のお茶と真々庵 徳田樹彦)

 

これを読んで、

人とは何か?人がどうあるべきか?

ということを見つめる時に

お茶の精神というのは大きなヒントをくれるのではないかと思いました。

 

現在茶道は、一つの習い事として、または趣味として、

ゆとりのある人が行うもの、という位置づけがされている傾向があるかと思います。

 

しかし茶道は、人とは何か?という人が生きていく中での

ヒントが隠れているものだと思うと、

茶道を男性がやろうと女性がやろうと違和感のないものに見えてきました。

Sponsored Links



一日一禅(メールマガジン・週刊)

あなたの疲れた心を軽くする「禅語」をメルマガで紹介するサービスです。
禅の心に触れて身も心もリフレッシュ!

下記のフォームに氏名とメールアドレスを入力して下さい。

お名前  
メールアドレス
※メールアドレスの入力間違いが多くなっていますので確認下さいね。※

\ SNSでシェアしよう! /

WABI×SABIの注目記事を受け取ろう

イメージ2

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

WABI×SABIの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

日淑

日淑

茶道のココロやお道具やお点前に秘められてる想いや歴史に惚れ、
現在は社会人をしながらお茶道を習ってます。
初心者の目線で、茶道の魅力を伝えられたらと思います。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 和食が世界遺産に登録されたことで与える影響とは?

  • 着物のメイク術!つけまつげはあった方が良い?

  • 有名な茶室の天井高さはどのくらい?天井が低い理由とは?

  • 茶筅の作り方はどうなっているの?奈良の高山で実際作ってみた

関連記事

  • ブーム到来!20代の女子に人気の習い事は?