1. TOP
  2. 茶道って何のためにあるの? 

茶道って何のためにあるの? 

 2015/07/02 茶道 精神
この記事は約 4 分で読めます。 1,553 Views
市中の散居。jpg

茶道って何のためにあるの? 「茶道って何のためにあるの?」とは、まさに禅問答。
答えに詰まる質問ですね。
少し視点を変えて「茶道は何が楽しいの?」という質問にすれば、
みなさん、それぞれの回答をお持ちですね。
茶道の楽しさが人それぞれ異なるように、時代によって、
茶道の目的も時代によって異なるものでした。

Sponsored Links

 

町衆の茶道―文化的な社交のために

茶室3

現代にも伝わる「客の前で茶を点てて客をもてなす」という
茶道のスタイルは、室町時代末期に村田珠光によって
確立したと言われています。

その頃の茶道は、京都、奈良、堺の富裕な商人たちによって、
盛んに行われました。
多忙な彼らは、仕事を離れ、静かに茶を喫し、道具鑑賞を行う為に
「市中の閑居」としての茶室を作りました。

当時の茶会には武士も参加していますが、商人と対等な関係で
交友しています。
当時の茶道は純粋に文化的な交友の場だったのです。

 

信長・秀吉・利休の茶道―政治目的が加わる

Toyotomi_hideyoshi

戦国時代は、茶道に政治的な目的が大きく加わった時代でした。
堺の豪商たちは信長に茶頭として召し抱えられます。

もちろん文化的な目的もありましたが、堺の商人の持つ情報力を、
政治、軍事に利用するためでありました。
茶道具には権威の象徴という意味が加わり、
褒賞として扱われるようになります。

信長に茶頭として仕えた利休は、秀吉が天下をとった後、
引き続き秀吉に仕えて、秘書のような活動も行い
天下一の宗匠の地位を得ます。

一方で、利休は、秀吉の好む豪華な道具鑑賞から
精神性を求める「侘び茶」を追求しましたが、
これが秀吉との対立の一因とも言われています。

 

江戸時代の武家茶道―将軍を迎える儀礼的な茶道へ

江戸幕府になると、全国統治の為の諸制度、儀礼が確立し、
茶道も取り入れられていきます。

将軍は茶会に行くという形式で、大名の邸を訪問しました。
各大名は、「将軍来訪時に失礼がないように」という目的で、
茶道を学ぶようになります。
各藩では、「茶道方」という職掌ができ、茶を習う家臣も増えていきます。

Sponsored Links

 

江戸時代の町衆の茶道—稽古事としての茶道

江戸時代、経済が安定すると、富裕な町人の間に
茶道が広がります。
室町時代に堺の町人たちが自発的に茶道を楽しんだのに対し、
江戸時代の町衆は稽古事として茶道をとらえ、
他の芸道と同様に、師匠について学びました。

表・裏千家は、弟子を多く抱え、「七事式」など
新たな稽古のカリキュラムを生み出します。
宗匠を中心とした家元制度というネットワークが整備され、
「楽しむ」とともに、権威のある師匠について稽古する茶道
定着していきました。

 

近代数寄者の茶の湯—美術工芸品鑑賞と交流の茶道

Daishi

明治維新による武家社会の崩壊により、
茶道は大きなスポンサーを失い、厳しい時代を迎えます。

この時期に茶道を支えたのは、新興企業の経営者たちでした。
彼らは、自ら収集した美術品を披露する場として茶席を作り、
盛んに茶会を催しました。
精神性からは離れる一方で、堺の町衆が楽しんだ交友の茶に
回帰したといえるでしょう。

 

女子教育としての茶道—礼儀作法の修練の茶道

明治維新後、茶道は女性教育にも取り入れられ、
いわゆる「花嫁修行」の一つという位置づけを得ます。
「楽しむ」という要素は薄くなり、茶道は、
礼儀作法を身につけるための修練と見られるようになりました。

 

現代—おもてなしの総合芸術としての茶道

茶道を楽しむ財界人も減り、花嫁修行という言葉さえ
使われなくなった現代において、
茶道はどんな意味が求められているのでしょうか。
「おもてなし」が見直される中、空間、道具、茶と菓子で
総合的にもてなす茶道は、注目が集まると言われています。

私たちの生活も人それぞれ多様化し、
多様な文化背景の外国人が多く訪れる現代日本において、
これからの茶道には、多様な客、それぞれにあったもてなしを行い、
各々の楽しみを見出すことが求められることでしょう。

Sponsored Links



一日一禅(メールマガジン・週刊)

あなたの疲れた心を軽くする「禅語」をメルマガで紹介するサービスです。
禅の心に触れて身も心もリフレッシュ!

下記のフォームに氏名とメールアドレスを入力して下さい。

お名前  
メールアドレス
※メールアドレスの入力間違いが多くなっていますので確認下さいね。※

\ SNSでシェアしよう! /

WABI×SABIの注目記事を受け取ろう

市中の散居。jpg

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

WABI×SABIの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

蒲生 はな

蒲生 はな

骨董マニアの父の影響で茶道を習い始めて10年以上お稽古を続けています。
しっかり父の趣味は受け継いで、お道具を鑑賞するのが大好き。
貴重な茶の湯の道具を追いかけて、日本全国の美術館・博物館に出かけています。
バラバラとした知識を系統立てようと、通信制の芸術大学で「和の伝統文化」を学んでいます。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 歌舞伎の外郎売りの長せりふが滑舌練習に効果的って本当!?

  • 着物のレトロモダンってどういう意味?定義や決まりはあるの?

  • 着物の絽と紗の違いとは?格や着用シーンの使い分けとは?

  • 成人式の着物の歴史!振袖を着るのが定番になった由来とは?

関連記事

  • 日本人が持つ侘び寂びの精神とは?わかりやすく解説してみた

  • 茶道で気遣いが必要な2つの瞬間

  • 茶道の精神が女子力を高めてくれる3つの理由

  • 日本人の心である侘び寂びの精神とは?

  • 日本の茶道精神を初心者向けに動画で解説してみました

  • 侘び寂びの心を身につけよう!今こそ日本を振り返る時