1. TOP
  2. 着物をケースで保管!桐とプラスチックはどう使い分ける?

着物をケースで保管!桐とプラスチックはどう使い分ける?

着物 収納
この記事は約 4 分で読めます。 1,115 Views

みなさんは、着物はどのように保管されていますか?
桐の箪笥で保管するのがベストとわかっていても、
スペースの限られた都会のマンション暮らしでは、
何枚かの着物のために箪笥を置くことは難しいですよね。

一生を通じて長く着られるのが着物のよいところ。
長く美しく着るためには、
どこに、どのように保管するのがよいでしょうか?

Sponsored Links

 

着物をケースで保管!衣装ケースは材質によってどう使い分ける?

衣装ケースや収納ボックスを活用して、
着物を上手に保管しましょう。

桐の衣装ケースや箪笥

桐

着物にとってはカビが大敵!
カビ防止には、防湿効果のある桐の箪笥での保管が
オススメです。

防湿効果は桐自体の特性によるもの。
桐は外部の湿度が高くなると
素材自体が膨張して隙間をふさぎ、
外気を遮断して内側に湿気を入れません。

逆に外部の湿度が低くなると、
収縮して通気を良くします。
桐の箪笥は、その特性を活かして
内側に収納したものを
いつでも、適度な湿度で管理することができるのです。

また、桐は、杉などの木材と比べて、
燃えにくいという特徴もあります。
高級な着物は、ぜひ、桐の箪笥で保管したいですね。

ただし、外側にだけ桐を貼り、
内側には別の素材を使っているという箪笥もあります。
そういう箪笥では、桐素材独特の防湿効果や難燃性が
なくなってしまうので、ご注意ください!

持っている着物の数も少ないし、
箪笥は大きくて家には置けないという方には
桐の衣装ケースもオススメです。

t02200391_0480085410639145687

台車がついているので、転がして移動することができます。
押入れにしまっておいて、
必要な時に出し入れして使えますね。

プラスチックの収納ボックス

d0043390_21355566

桐のケースに比べて、比較的手に入りやすいのが
プラスチックの収納ボックス。

プラスチックの収納ボックスで着物を保管しては
いけないのでしょうか?

着物の保管で大事なことは、
カビを生やさないようにする
ということです。

プラスチックの収納ボックスでも、
湿度の低い場所に保管していれば
特に問題はないでしょう。

念のため、シート状の乾燥剤なども使い、
月に1度は蓋をあけて、
空気を通せばよいと思います。

また、年に1度は、虫干しをして、
着物の湿気を飛ばせばよいのです。

湿気の多い場所に桐の箪笥を置いて、
扉をあけずに保管しておくよりは、
プラスチックの収納ボックスでも、
しっかり湿気を管理する方が、
カビは生えにくいと思いますよ。

Sponsored Links

 知っておきたい!着物を長く美しく保管するポイント

着物は一生楽しめる衣装です。
長く美しき楽しむために、
保管のポイントを押さえておきたいですね。

・正しいたたみ方で、折り目正しく
基本の第1歩はきちんとたたむこと。
折り目正しくたためば、無駄なシワが寄ることもなく
箪笥から出して、すぐに切られます。

・たとう紙につつんで
(たとう紙の詳しい説明はこちら)

たとう紙に1枚ずつ包んで保管しましょう。
湿気を吸収してくれるし、
引き出しからの出し入れ時にも
着物がよれたりすることがありません。

・湿気対策は念入りに
乾燥剤などをうまく使って、
湿気対策は念入りに行いましょう。
箪笥の上段の方が、湿気が少ないので、
よい着物は上段に保管します。

・着物は重ねすぎない

Exif_JPEG_420

着物を箪笥に詰め込み過ぎれば、
どうしてもしわがよりますよね。

ぎゅーぎゅーに詰め込まないでください。
たたんだ着物は、袖のある方が、
厚みがありますね。

同じ向きで重ねていくと、袖のある側ばかり厚さが出て
うまく収納できません。
向きを互い違いに変えてしまいましょう。

また、帯と着物も分けて、
違う棚に保管した方がいいですね。

・防虫剤や乾燥剤の扱いに注意
防虫剤や乾燥剤は、
着物の上に直接置くのではなく

たとう紙の上から、
引き出しの四隅などにいれるといいでしょう。

さて、早速、自分の着物の保管方法、
確認してみてくださいね。

Sponsored Links



一日一禅(メールマガジン・週刊)

あなたの疲れた心を軽くする「禅語」をメルマガで紹介するサービスです。
禅の心に触れて身も心もリフレッシュ!

下記のフォームに氏名とメールアドレスを入力して下さい。

お名前  
メールアドレス
※メールアドレスの入力間違いが多くなっていますので確認下さいね。※

\ SNSでシェアしよう! /

WABI×SABIの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

WABI×SABIの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
Sponsored Links