1. TOP
  2. 休日に行きたくなる茶道具の美術館といえばココ~主要都市編

休日に行きたくなる茶道具の美術館といえばココ~主要都市編

 2015/02/09 茶道 美術館
この記事は約 4 分で読めます。 1,318 Views
37721237

休日に行きたくなる茶道具の美術館といえばココ~主要都市編 

茶道具の美術館は日本全国のどこにあるのでしょうか?

茶道具の美術館を周りながら旅行なんて出来たら、最高ですよね。

 

また、せっかく旅行で行ったのだから茶道具も見て帰らないと、

と思っている方もいらっしゃるのではないかと思います。

 

茶道具の美術館は、東京、京都はもちろんのこと、

その他にも石川、長野、愛知、兵庫、大阪、奈良、滋賀、

和歌山、山口、島根、岡山、福岡にもあります。

 

私の知っている中でも東京は9つ、京都は8つ、大阪は4つ美術館があります。

京都より東京の方が多いのには少し驚きました。

 

ここでは、茶道具美術館巡りの旅で立ち寄った、

京都と大阪の美術館をご紹介したいと思います。

Sponsored Links

茶道具を鑑賞するならココ!私のおすすめ美術館

00002273

(京都)北村美術館

茶人が集めた茶道具に加え、茶苑も見学をしたい方にお勧めです。

 

(大阪)湯木美術館

日本料理に興味がある茶道通の方にお勧めです。

 

 

北村美術館美術館の魅力

茶道 道具 茶道具 水指 名前 使い方 初心者 趣味 稽古 共蓋 蓋置 美術館 北村 大阪

京都にあるのは、実業家で茶人であった北村謹次郎の集めた

茶道具美術品を展示している“北村美術館”です。

 

美術館は、京都きっての景勝地でもある鴨川の西岸に位置しています。

国の登録文化財である奇数屋建築の

四君子苑(しくんしえん)という建物がありますので、

立地が良いとさらに雰囲気が盛り上がりました。

 

この美術館は、春と秋のみしか公開されていませんので、

行く前に休館日を必ず確認しておくとスムーズかと思います。

 

おおよその休館日情報は、毎週月曜、祝翌日、但し、年2回

(春3月中旬~6月上旬、秋9月中旬~12月上旬の特別展時のみ開館)となっております。

 

必見!与謝蕪村が描いた鳶鴉図

そんな北村美術館で一番心を惹かれたのが、

「重要文化財 蕪村筆紙本墨画淡彩鳶鴉図双幅01、02」です。

 

 

与謝蕪村(よさ ぶそん)といえば、江戸時代中期の日本の俳人、画家であります。

蕪村に影響された俳人は多く、特に正岡子規の俳句革新に

大きな影響を与えたことは良く知られているようです。

 

蕪村は、俳趣的志向を示す作品と漢画的志向を示す作品をつくり、

本図は後者の作品であり、激しい自然に対する

鳶鴉【とびからす】の姿を墨画の手法で描いたものだそうです。

 

この墨画を眺めながら、躍動感、光の当たり方や、

風の強さなどを視覚的に感じました。

白黒の濃淡で、ここまで表現できるところが素敵です。

 

Sponsored Links

 

湯木美術館の魅力

5

さて、京都から大阪に移動して見に行った次の美術館は

外観が現代風でおしゃれな“湯木美術館”です。

 

この美術館は少し特殊な美術館で、日本料理店「吉兆」の創業者であり、

数寄者としても知られる湯木貞一(ゆきていいち)さんのコレクションを収蔵し、展示していました。

 

湯木さんは、料理と茶の湯を人生の両輪とし、

日本料理を総合芸術の域にまで高め、茶の湯道具の収集にも心を傾けていたようです。

 

必見は石山切(伊勢集)!

ここで私が拝見したのは、「石山切(伊勢集)」であります。

石山切とは、“西本願寺本三十六人集中の「貫之集下」と「伊勢集」の両帖が分割され、

それらの断簡をいい、料紙が美しいことで有名である。”と書かれていました。

 

湯木美術館の作品は、「伊勢集」の分割されたものです。

石山切の説明にも書かれているように料紙がとても綺麗で、

そこに示されている言葉の意味などがわからなくても、料紙のデザインを見て楽しむこともできました。

この料紙は、一見一枚の紙のようにみえますが、

様々な紙をちぎり、そして合わせてデザインをし、1枚の料紙としています。

d03e0bb01dba329b78e3220bb912e14f

 

 

今でも、こういった料紙を1枚1枚人手で創り上げている職人さんがいらっしゃいます。

全体として作品を楽しむという楽しみ方も良いですが、

その作品が仕上がるまでに、どんなお道具や材料、

 

そして人々が関わってきたのかなども考えながら眺めるだけで、

また違ったものが見え楽しむことができる。そんなことを感じさせてくれる作品でした。

Sponsored Links



一日一禅(メールマガジン・週刊)

あなたの疲れた心を軽くする「禅語」をメルマガで紹介するサービスです。
禅の心に触れて身も心もリフレッシュ!

下記のフォームに氏名とメールアドレスを入力して下さい。

お名前  
メールアドレス
※メールアドレスの入力間違いが多くなっていますので確認下さいね。※

\ SNSでシェアしよう! /

WABI×SABIの注目記事を受け取ろう

37721237

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

WABI×SABIの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

日淑

日淑

茶道のココロやお道具やお点前に秘められてる想いや歴史に惚れ、
現在は社会人をしながらお茶道を習ってます。
初心者の目線で、茶道の魅力を伝えられたらと思います。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 和食が世界遺産に登録されたことで与える影響とは?

  • 着物のメイク術!つけまつげはあった方が良い?

  • 有名な茶室の天井高さはどのくらい?天井が低い理由とは?

  • 茶筅の作り方はどうなっているの?奈良の高山で実際作ってみた

関連記事

  • 茶道具の美術館といえば!私のオススメはココ!

  • 休日に行きたくなる茶道具の美術館といえばココ!