1. TOP
  2. 歌舞伎の起源は韓国ってホント?中国の京劇との関係とは!?   

歌舞伎の起源は韓国ってホント?中国の京劇との関係とは!?   

 2016/08/19 歌舞伎 コラム
この記事は約 4 分で読めます。 1,287 Views

歌舞伎は、出雲の阿国が元祖とは、
歴史の教科書にも載っていること。

ところが、歌舞伎の起源は韓国という説を
唱える人がいるそうです。

一方で、派手なお化粧をして
華やかな演技を繰り広げる中国の京劇は、
歌舞伎と似たところがありますよね。

日本の様々な文化は
中国大陸や朝鮮半島の文化から影響を受けて
発展してきました。

歌舞伎と韓国や中国の演劇と
何か関係は あるのでしょうか?

Sponsored Links

 

歌舞伎の起源は韓国って本当!?

blog_import_4f09f0795c9f9
歌舞伎の起源は韓国という話は

どこから来ているのでしょうか?

それは、韓国の大手新聞が
「日本の歌舞伎の起源は百済伎楽だ」
と報道したことから始まっているようです。

 

う〜ん・・・

 

百済は7世紀には滅亡している国。

出雲の阿国の登場は、17世紀ですから
直接的な関係はないと考えるのが
自然でしょうね。

ただ、日本の芸能は、
朝鮮半島を経由して伝わった
中国大陸の芸能から
大きく影響を受けてきたのは事実です。

日本書紀によれば、推古天皇の時代に
百済の人によって
中国南部の呉の伎楽が伝えられた
といわれています。

 

2-karura-2-70

伎楽はお面をつけたパントマイム
のようなもので、
日本で最古の舞台芸能です。



その後、伎楽は、大和国家によって
保護され発展します。

伎楽の演技や音楽は、
神社などで奉納された日本の芸能
猿楽や雅楽に取り入れられました。

阿国の歌舞伎踊りも、
神社の巫女の踊りが元となっていますので、
遠くさかのぼれば、
伎楽の影響を受けているとは
言えるかもしれませんね。

 

中国の京劇とはどんな関係があるの?

 

images

京劇と歌舞伎は、
よく似ていると言われています。

  • 役者が見得をきる、
  • にぎやかな伴奏がある、
  • 義理人情の世界を描いたストーリーが多い
    などなど・・。

でも大きな違いがあるのです。
それは、役者が歌うかどうかということ。

京劇では、役者が歌うシーンもあり、
オペラやミュージカルに近い感じ。

一方、歌舞伎は、長唄の歌声に合わせて、
役者が踊ったり、演技をすることはあっても、
役者自身が歌うことはありません。
京劇は、清朝の時代、
18世紀後半に誕生し、
19世紀にかけて発展した芸能です。

17世紀初頭に誕生した歌舞伎の方が歴史は
100年以上長いことになりますが、
ほぼ同じような時代に
東洋の近い国で発展した演劇なので、
どこか似たところがあるのかもしれませんね。

 

Sponsored Links

 

歌舞伎の歴史について時代順にまとめてみた!

では、歌舞伎の歴史を改めて
まとめてみましょう。

Okuni_kabuki_byobu-zu_cropped_and_enhanced

17世紀前半に、
出雲の阿国の一座による
レビューのような踊り「かぶき踊り」が
一世を風靡します。

その後、多くの女性劇団が登場します。

中には、客寄せのために、
遊女たちも舞台に上る劇団もあり、

エロティックな要素が
どんどん強くなっていったようです。

そのため、幕府は風俗を乱すとして、
1629年に、女性の出演を禁止します。

当初は、前髪のある美少年役者が登場し、
女性的な雰囲気の演技をしていました。

これも、幕府に風俗を乱すと禁止され、
月代を剃った男性だけしか
出演することが許されなくなります。

男性だけで演じる今の歌舞伎のスタイルは
こうして出来上がりました。


阿国が登場してから約100年後の元禄期に
歌舞伎は一定のスタイルを完成をします。

近松門左衛門が現れ、「義理と人情」に
縛られた人間の悲劇などを描きだしました。


江戸時代末期には、不安定な時世を反映して、

残酷な殺しや、盗賊が主人公の話
人気を博します。

明治以降は、
歌舞伎も西洋の演劇の影響を受け、
数多くの新しい演出が生ままれました。

 

今でも、多くの人気演目は、
江戸時代から 数え切れないほど
上演されてきたものが中心です。

親子の情や忠義など
日本人が昔から大切にしてきた
義理と人情
劇的に描きだされているからだと
思います。

日本で独自に発展してきた
歌舞伎の底力がここにあるのです!

 

\ SNSでシェアしよう! /

WABI×SABIの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

WABI×SABIの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
Sponsored Links