1. TOP
  2. お茶会のお呼ばれの作法といえば?

お茶会のお呼ばれの作法といえば?

 2015/02/08 茶会 作法
この記事は約 5 分で読めます。 1,750 Views
茶道 道具 茶道具 茶室 割稽古 点前

お茶会のお呼ばれの作法といえば? 

はじめてのお茶会に行くのは、なかなか緊張するものかもしれません。

 ですが、怖がるような必要はありません。

誰一人として、はじめからお茶の飲み方を知っている人はいないでしょうし、

誰しもが「はじめてのお茶会」を経験するものです。

 

最初のうちは、最低限の知識さえあれば、

あとは周りの客の様子をチラッと見ながらでも、それで十分なのです。

 

 流派によって作法の違いは若干ありますが、

これから、初めての茶会にお呼ばれした際に、

知っておくと便利で助かる作法を紹介します。

 

 

Sponsored Links

 

 茶会の種類について

 茶道 道具 茶道具 茶室 割稽古 点前

茶会には大きく分けて、二種類あります。

 

茶事(ちゃじ)

懐石・炭点前・濃茶・薄茶をふるまう、正式な茶会。

正式な茶会だけに、客もそれに準じた作法を知っておく必要がありますが、

 

お茶をはじめられたばかりの方が、茶事に招待されることはまずないはずですので、

ここではその作法を心配する必要はないでしょう。

 

大寄(おおよ)せの茶会

大人数を対象に行われる茶会のことです。

大寄せの茶会では、気軽に洋服で行けるものから、

きちんと着物を着て行かないといけないものがあります。

 

 

お茶会へ行く準備として

先に述べたように、お茶会へは、

必ずしも着物を着て行かないといけないわけではありません。

 実際、洋服で行けるものかどうかは、事前に確認しておくといいでしょう。

 ただし、洋服で行く際には、いくつかのルールーがあります。

 

女性

パンツスタイルで行くことは避けましょう。

膝が隠れる長さのスカートにブラウス、またはワンピースなどが好まれます。

 注意しないといけないのは、立っているときは膝が隠れていても、

正座をしたときに膝が出てしまうものはNGです。

派手なデザインは避け、落ち着いた色合いや柄を選びましょう。

 

また、髪の長い女性は、髪の毛がお辞儀の際などに前に掛からないよう、

すっきりとまとめておくことも必要です。

 

男性

ジーンズなどのパンツは、お茶会では好まれません。

一般的にいう、オフィスカジュアルのような装い

(比較的、本格的な茶会の場合はスーツ)で良いでしょう。

 

男女共通

アクセサリーは、全て外しておきましょう。

洋服の場合、男女共に、茶室に入る前には『白い靴下』を履きます。

必ず、一足持参するようにしましょう。

 

用意するもの

 41iJIngmuUL._SX300_

茶会に参加するのに、最低限必要なものがあります。

 

扇子

茶道で使う扇子は、あおぐためではなく、

自他との結界をつくり謙虚さを示すために用います。 

 

懐紙

懐紙は白いものを選ぶようにしましょう。

 

菓子切り(楊枝)

菓子切りは、懐紙の間に挟んでおきます。

 

 

「たったこれだけ?」と思われるかもしれませんが、

これだけあれば、気軽な茶会には参加することが出来ます。

 

 

Sponsored Links

 

 

茶室内で注意すること

 茶道 にじり口

茶会では、一般的に受付を済ませた後、

待合で自分の番が来るのを待ちます。

 茶室に入る案内が来たら、いざ茶室に入るのですが、

ここで注意しないといけないことがいくつかあります。

 

まず、席に入る際には、立ったまま入って良い場合と、

にじって入る場合があります。

 

一般的に大寄せの茶会の場合、立ったまま入ることが多いですが、

分からない場合は、少し周りの様子を見てから、それに倣うと良いでしょう。

 

畳の上を歩く時に、絶対にしてはいけないことが、畳の『縁』を踏むことです。

 畳の縁は避けて歩くよう心掛けましょう。

また、畳と畳を跨いで座ることも避けましょう。

 

いざ、席に座る際、避けて座らなければならない席が三つあります。

 

正客(しょうきゃく)

正客とは主賓のことで、通常、茶道の経験を長年積んだ先生方が座ります。

 

次客(じきゃく)

正客の隣に座る人のこと。正客同様、やはりお茶に精通した人が座ります。

 

末客(まっきゃく)

お詰(おつめ)」とも呼ばれ、席の一番最後に座ります。

主に片付けの役割を担う立場で、そのため茶道の技量をやはり問われます。

上記以外の席に座れば、なんら問題はありません。

 

以上ここまで述べてきたことは、基本中の基本になります。

お茶会に行く際に、これらのことを頭の中に入れておけば、

あとはなんとかなるものです。

 

お茶の飲み方や、お菓子の取り方は、流派によっても多少違ってきますし、

そこまで神経質になる必要はないと思います。

周りの客の様子を見ながら、それを見よう見まねするくらいで良いのです。

 

多少作法を間違えても、とやかく言う人はまずいないですし、

隣に座られている方が経験者であれば、

 

『今日がはじめてのお茶会で、お作法が分からないのですが、どうすればよいでしょうか?』

と言えば、喜んで親切に教えて下さるはずです。

 

実際私も、はじめてお茶会に来た方がたまたま隣に座られた際に、

お菓子の取り方や、お茶の飲み方をお教えする機会が何度かありました。

 

作法は徐々に身に付いていくものです。

最初のうちは、お茶を飲むことを楽しむ…それで十分だと思います。

怖がることなく、はじめてのお茶会を楽しまれて下さい。


Sponsored Links



一日一禅(メールマガジン・週刊)

あなたの疲れた心を軽くする「禅語」をメルマガで紹介するサービスです。
禅の心に触れて身も心もリフレッシュ!

下記のフォームに氏名とメールアドレスを入力して下さい。

お名前  
メールアドレス
※メールアドレスの入力間違いが多くなっていますので確認下さいね。※

 

 

\ SNSでシェアしよう! /

WABI×SABIの注目記事を受け取ろう

茶道 道具 茶道具 茶室 割稽古 点前

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

WABI×SABIの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

Skyblue_yy

アメリカ在住の主婦です。
祖母が茶道講師ということで、2歳半より表千家茶道を習っています。

実家を離れてしまい、ここ数年茶道のお稽古は出来ていませんが、
茶道歴は約30年です。

いつの日か、外国の方にも茶道を教えるのが夢です。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 同門会とは?意味について解説します

  • お祝いごとに最適!茶道の道具をプレゼントするなら何がいい?

  • お茶会のお呼ばれの作法といえば?

  • 茶道の流派はどのくらい数あるの?

関連記事

  • 茶道会館のお茶会 撮影はできるの?