1. TOP
  2. 着物の小物の名称!着付けに必要なものの名前と役割を解説

着物の小物の名称!着付けに必要なものの名前と役割を解説

着物 着物 種類
この記事は約 6 分で読めます。 8,173 Views

着物の着付けをお願いすると、
「これだけは、お持ちください」
という持ち物リストが渡されます。

メモを見た瞬間、
「こんなにたくさんの小物を
用意しなければならないの?」
と驚きますね。

その上、着物に慣れていない人にとっては、
知らない単語ばかり。
「・・何を準備すればいいのだろう?」
と不安になってきますよね。

それぞれの小物がどんなもので、
どんな役割を果たすのか
確認していきましょう。

Sponsored Links

着物の名称と役割を解説!基本の着付け小物 編

着物の着付けに使う小物について
その役割を整理します。

 

 肌襦袢、肌着+裾除け

o0600035012013819209
出典:http://ameblo.jp/wabitas-102/

いわゆる下着のことです。
肌襦袢は肌着ともいい、上半身に
裾除けは下半身に身につけます。

着物を汗から守るためにも、
吸水性の良いものを身につけましょう。

肌襦袢は、襟もとから下着が見えないように
首の後ろが大きく抉られ
前も深めに開いています。

裾除けは、腰まわりは吸水性の良い綿、
足回りは滑りの良いポリエステル素材の
ものがオススメです。

肌襦袢と裾除けを組み合わせた
着物用スリップは、
着脱が簡単でオススメですよ。

 

長襦袢+半衿+衿芯

000970-i01
出典:http://kimono-bito.com/

肌着の上に着るのが、長襦袢。

長襦袢の襟元には半衿をつけます。
半衿の首元は、地肌にあたり
汚れやすい部分です。
適宜、取り外して洗濯し、
また長襦袢に縫い付けましょう。

また、半衿の下には、
襟元が崩れないように 衿芯を入れます。
半衿の下に縫い付けてしまう三河芯
後から差し込むプラスチックのものなどが
あります。

 

腰紐

dsc_1746
出典:http://www.kitsukeshi-blog.com/

腰ひもは、長襦袢の前合わせを止めたり
着物の丈を調整するために使う
ベルトのような役割の紐です。

3本は用意しておきましょう。

素材はずれにくいモスリン(毛)がオススメ。

最近は、ゴム素材のベルト状のものも
あります。
結ばなくて良いし、伸び縮みするので、
着心地もよいですよ。

 

伊達締め

090810_5
出典:http://kbr.seesaa.net/

着物や長襦袢の前合わせを
ずれないように押さえる帯状のものです。
腰ひもより幅広で、
滑らず、伸び縮みしない絹素材のものを
使います。

Sponsored Links

 

前板

201408032229210
出典:http://withonline.jp/withgirls/stars/

帯板ともいい、帯にシワがよらないように、
体の前で帯の間に挟んで使います。

名古屋帯など、帯の間に板を挟みにくい帯には
帯板にゴムベルトがついて、直接着物の上に
つけられるものが便利です。

 

帯枕

s-pisa0126
出典:http://www.yamamoto-gofukuten.com/blog/

名古屋帯と袋帯でお太鼓結びを作る時に
帯の山を作るために使います。

最初から紐が付いているものもありますが、
枕部分しかないものもあります。
伸縮のあるガーゼなどをかぶせて
使いましょう。

 

帯揚げ

img_20141105_163818
出典:http://kimono-story.com/

帯枕を包んで体の前方で結ぶことで、
帯の形を整えます。

帯揚げは、結び目の上部を
帯の上より少し見える程度に出し
余りの部分は、帯の上に綺麗に飾って、
端は帯の中に隠します。

帯と着物を結ぶアクセントとなる小物なので
色合わせはよく考えましょう。

 

帯締め

0779
出典:http://maiko721721.blog.fc2.com/

お太鼓の形を整えた後、
帯の形が崩れないように
帯の上から巻く紐です。

体の前中心で結んで、
両端は帯との間に挟みます。

色のアクセントになりますので、
帯との組み合わせを考えましょう。

 

足袋

img_0_m
出典:http://blogs.yahoo.co.jp/shonan_takeman

足に履く靴下です。
草履が履けるように、
親指とそれ以外の指を入れる部分に
先が二つ分かれています。

基本的には白い足袋を用意しましょう。

Sponsored Links

 

あると便利な着付け小物は?

着物を着慣れない人が増えたこともあって、
最近は着付けを簡単にするための
小物が増えてきました。

 

着物ベルト(コーリンベルト)

20110106_1512424
出典:http://www.arecole.com/index.html

着物の前合わせが崩れないように使う
両端にクリップが付いたゴムのベルトです。

背中を通して、両方の衽を挟んで止めます。

着物ベルトで留めた上を
伊達締めで締めれば
前合わせがずれにくくなります。

 

補正用品

20150528_11146
出典:http://kimono-yayoi.jugem.jp/

着物は「寸胴体系」に補正してから
着用する方が美しく見えます。

ウエストから腰のくびれにタオルを当て
腰ひもで縛ってもいいのですが、
マジックテープで止められる
綿が入った補正用のベルト
販売されています。

また、和装用のブラジャーは、
カップ部分は平たく、
紐部分にわたを入れて
バストのボリュームを抑える役割をします。

 

 衿止め(着物クリップ)

20141030_155456
出典:http://kimono-story.com/

長襦袢と着物の衿もとがずれないように
着付けの間留めておくクリップです。

首の後ろの中心で、
長襦袢と着物の衿を留めておきます。

洗濯ばさみでも代用できますが、
着物クリップの方が、
挟む力が強く、ずれません。

 

さて、これだけの小物を揃えれば
着付けも怖くはありません!
便利な小物を揃えれば、
一人で着物が着れる日も
すぐそこですよ。

Sponsored Links



家・土地を最高価格で売却する裏ワザ

家・土地を売った人の実に80%以上の人が

『比較』せずに不動産を売ってしまっています。

※家・土地の査定は複数の業者間で
『比較』することで、
査定額に1000万円以上もの差が出ます。

なぜこんなことが
起こってしまうかというと、

・素人に不動産の相場なんてわからない
・個人で売買の交渉をする自信がない
・親の急死でとにかく処分したかった
・相続で受け継いだが税金がかかる
・親の遺産で不動産売却の知識がなかった

など、不動産売却の知識がないために
安く買い叩かれているのが現状です。

そんな時は無料の不動産一括見積もりが
オススメ
です。

ネットで申し込むだけで、

・かんたん入力で家・土地の査定額が
スグにわかる。

・自分で複数社の見積もりを取る必要がないから、
手間がかからない

・信頼できる業者しかいないので、
安心して査定を任せれる

・査定をしたことがない
女性や年配の方にも親切

・複数の業者間の見積りを『比較』
するから、高額買取が期待できる

・高く買い取ってもらうことで、
浮いたお金を子供の学費・老後の貯蓄に回せる

また下取り相場が見れるので、
知り合いの不動産会社の見積もりで

買い叩かれる心配がないですし、
価格交渉の引き合いに出す材料になります。


1000万円の差が出る不動産見積もりサービスを試してみる



一日一禅(メールマガジン・週刊)

あなたの疲れた心を軽くする「禅語」をメルマガで紹介するサービスです。
禅の心に触れて身も心もリフレッシュ!

下記のフォームに氏名とメールアドレスを入力して下さい。

お名前  
メールアドレス
※メールアドレスの入力間違いが多くなっていますので確認下さいね。※



Sponsored Links

\ SNSでシェアしよう! /

WABI×SABIの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

WABI×SABIの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
Sponsored Links