歌舞伎のにらみはただの寄り目じゃない!片目ずつの意味とは?

 

市川海老蔵さんなどの歌舞伎役者さんが
やっている「にらみ」はご存知でしょうか?

寄り目みたいにしてキメポーズをする
あれです!!

実は、その「にらみ」
ただの寄り目ではないんです!

今回はその意味とやり方などについて、
詳しく説明しちゃいます。

 

Sponsored Links


 

歌舞伎の「にらみ」ってどんな意味があるの?

 

987eca87017b5f2fa265f89558d4724a_s

そもそも、にらみというのは
見得というキメポーズの一部と言えるでしょう。

見得については
こちらのページをご覧になってみてください!

 

その中でも特別な”にらみ”

実は、見得の中でも
”にらみ”というものは
誰でもやっていいワケではないんです。

市川團十郎家(成田屋)の役者
だけに許されているもので、
つまり現在できるのは
市川海老蔵さんが唯一となります。

1-87-300_01

この、團十郎家が襲名やその他
ご祝儀などの節目の時にお祝いとして
口上の中で行われるのが
”にらみ”です。

 

「ひとつ睨んでご覧にいれましょう!」

と言ってからにらむのですが
これを見ると一年間は風邪をひかない
という逸話が昔からあり、
ある種の厄落とし的なありがたさが
あると言われています。

海老蔵さんのにらみは
私も何度か拝見したことがありますが
ものすごい迫力で
これは厄落としになりそう!
と思うほどでした。

 

ちなみに海老蔵さんは、
ある時期にらみをやりすぎて
目の毛細血管が切れてしまったことが
あるそうです!

にらみってそれだけ目に負担が
かかっているんですね…

 

 

ただの寄り目との違いとは?

 

これは、にらみだけでなく
見得全般に言えることなのですが

実は、この時に
左目と右目がまったく異なるところ
を向いているんです!!

51

右目が寄り目の場合は左目が中央を、
左目が寄り目の場合は右目が中央
向いています。

つまり片方だけが寄り目
という状態になっています。

今度、歌舞伎を近くの席で見る時には
ぜひ目にも注目して見てみてくださいね!

 

Sponsored Links

 

片目だけなのにも意味がある!?

これには諸説あるのですが、

「天と地という異なるところを睨んでいる

「客席が広いのでなるべく多くのお客様に
視線を向けているように見せるため

「どこも見ないというこをで光を放射
させている

など色々な見解があるみたいです!

 

 

素人でもにらみを練習すればできる?やり方とは!

 

a8e0df00fb1988d0e1f4c9250e541fce_s

役者さんなどは、みなさん
子どもの頃から見よう見まねでやっていたら
できちゃったという方が多いようですね。

でも、中には苦手であまりできない…
こっそり教えてくださった方もいます(笑)

では私たちがにらみをやるには
どうしたら良いのでしょうか?

私もあれがやってみたくて
散々練習しました。
そしてやっているうちにできるようになったので
そのやり方を特別に伝授したいと思います!

 

 

1)まず、寄り目ができない方は寄り目の練習を!

ご自分の鼻に人差し指を指すようにして、
両目ともそこを見るようにするのがわかりやすい
かと思います。

 

2)人差し指がなくても寄り目ができるようになる!

人差し指をだんだん離して、指をみなくても寄り目が
できるようにしてください!

 

3)いよいよ片目だけを正面に!

まず正面を見る為の目標物を決めます。
ただぼんやりと正面を見るよりも何か、
ここ!という目標物があったほうがやりやすいです。

目標物が決まったら、左目でそれをジッと見ます。

右目を今度は寄り目にしていきます。

さきほどの寄り目の感覚を思い出して、
でも、左目は目標物を見たまま!という
なんとも矛盾したことをやります(笑)

 

成功のポイントとは?

自分の感覚として、焦点が定まらず
ピントが合わないなあ〜と思ったら
成功していることが多いです。
また、右目左目
どちらかやりやすいほうがあると思いますので、
どちらの目でも試してみてくださいね。

 

お友達などと一緒にやってみると
成功しているかしていないか
見てもらえると思うのでオススメです!

 

eb042c2bec67640949db4dbed8953322_s

にらみ見得の意味を知って、
更に自分でもにらみができるようになったら
歌舞伎が更に楽しくなること間違いなしです!

ぜひ、お友達などと練習してみてくださいね!

Sponsored Links


家・土地を最高価格で売却する裏ワザ

家・土地を売った人の実に80%以上の人が

『比較』せずに不動産を売っています。

※家・土地の査定は
複数の業者間で『比較』することで、
査定額に1000万円以上もの差が出ます。

なぜこんなことが
起こってしまうかというと、

・親の急死でとにかく処分したかった
・親の遺産で不動産売却の知識がなかった
・どうやって売るか?知らなかった
・個人で売買の交渉をする自信がない

など、不動産売却の知識がないために
安く買い叩かれているのが現状です。

そんな時は、
『無料の不動産一括見積もり』オススメです。

ネットで申し込むだけで、

・かんたん入力で家・土地の値段がわかる
・自分で見積もりを取る必要がない
・信頼できる業者しかいないから安心
・査定経験がない女性や年配の方にも親切
・『比較』するから高額査定が期待できる

また下取り相場が見れるので、

『買い叩かれる心配がない』ですし、
価格交渉の引き合いに出す材料になります。

⇒1000万円の差が出る無料見積もりを試してみる

歌舞伎 コラム



藤永 真輝をフォローする
WABI×SABI~日本をもっと身近に~