1. TOP
  2. 柄杓師の黒田正玄とは?【千家十職の覚え方講座】

柄杓師の黒田正玄とは?【千家十職の覚え方講座】

 2015/04/30 千家十職 覚え方
この記事は約 4 分で読めます。 2,975 Views

茶道では、柄杓、茶杓、蓋置など竹を使った道具が欠かせません。
千家十職で、香合、花入などを含めた竹細工の道具を制作するのが、
竹細工・柄杓師の黒田正玄です。
黒田家とはどのような家なのでしょうか?

Sponsored Links

将軍家御用柄杓師黒田家

tukubai

黒田家は、初代より明治維新にいたる8代まで、仕事の中心は
将軍家御用柄杓師として柄杓を作ることでした。
柄杓は茶会のたびに新しいものを使うしきたりがあったため、
黒田家では、たいへんな数の柄杓を制作しました。
それ以外にも、花入れ、茶杓、香合などの竹を用いた道具
てがけています。

 

初代正玄は、越前黒田郡の出身の武士でした。
関ヶ原の戦いでは西軍に付き敗れて浪人となった後、
剃髪して正玄と号し、大津に移り住んで竹細工職人となりました。
後に、京都に移り、小堀遠州の直弟子となります。
毎日遠州のもとへ通って熱心に茶道を学び、奥義を相伝されました。

 

また、遠州より、柄杓作りの名手と認められ、
遠州の推薦により、徳川3代将軍家光御用柄杓師となりました。
初代は、大徳寺の江月宗玩に参禅していましたが、
その縁で宗旦の柄杓も制作しています。

Sponsored Links

千家の御用柄杓師へ

初代正玄の後は、長男・次男が大名家へ仕官したため、3男が継ぎ、
引き続き御用柄杓師を勤めました。
3代は、徳川5代将軍綱吉の御用をつとめました。
また、表千家6代覚々斎の御用も受けるようになり、
千家への出入りはこのころより始まりました

以後、明治維新を迎えるまで、代々、将軍家の御用とともに、
千家の御用を勤めるようになりました。

8代7代の長男として生まれ、11歳で家を継ぎます。
幕末の動乱期でしたが、12代将軍家慶の御用をつとめ、
激動の時期に柄杓師の家を守ります。
名工の誉れが高く、技能を発揮しました。

 

明治期以降の黒田家

SONY DSC

SONY DSC

10代は、8代の一番弟子でしたが、9代の早世により
急遽婿養子となりました。
明治維新により、代々御用を勤めた幕府は崩壊し、
茶道も衰退する中、10代は家業の保持の為に
生活用品なども制作し、生活の足しにしました。

その後を嗣いだ11代は早世してしまいます。
その正妻が家を守るため12代を継承し、周囲の援助を得ながら、
太平洋戦中・戦後の困難な時期に家業を支えました。
1966年には13代に家督を譲ります。

当代は14代で、2014年1月に、13代の長女益代が14代を継いでいます。

Sponsored Links

竹細工師という仕事

竹

竹細工は、竹に細工を加えるというよりも、竹の素材を活かす細工が求められ、
竹がそもそも持っている素朴な美しさと材質を活かすことに
技術を駆使する必要があります。

竹細工師の仕事は、色合い、太さ、節の間隔、樋の入り方・・といった
竹1本1本の個性を見極め、
「この竹はこの部分を使おう・・」、
あるいは、
「この道具には、あの竹がよさそうだ・・」と
竹を選ぶことから始まります。

しかし、その手前、伐採してきた竹を素材として使えるようにするまでに、
たいへんな時間がかかるのです。

柄杓・茶杓などの竹製の茶道具に使われる竹の種類は
苦竹(まだけ)です。

11月ごろに、竹を選んで切り出します。
そもそも、竹は、身近な材料でしたが、最近は、
市街地の拡大に伴い竹藪が減少しているため、
良い竹を手に入れる為に遠隔地まで出かける必要があるそうです。

伐採した竹は、2か月ほど乾かし、その後、竹の油を抜く作業を行います。
その後、1か月半ほど天日干しし、さらに風通しのよい日陰で
数年寝かせて、初めて茶道具の素材となるのです。

 

「選竹眼」

img389_21-1

一見、同じように見える茶杓ですが、じっくり拝見すると、
削り方、色・樋の入り方、節の扱い方などに、個性が表れています。

竹の個性を活かす選竹眼こそ、
竹細工師に求められている技術なのです。

Sponsored Links



家・土地を最高価格で売却する裏ワザ

家・土地を売った人の実に80%以上の人が

『比較』せずに不動産を売ってしまっています。

※家・土地の査定は複数の業者間で
『比較』することで、
査定額に1000万円以上もの差が出ます。

なぜこんなことが
起こってしまうかというと、

・素人に不動産の相場なんてわからない
・個人で売買の交渉をする自信がない
・親の急死でとにかく処分したかった
・相続で受け継いだが税金がかかる
・親の遺産で不動産売却の知識がなかった

など、不動産売却の知識がないために
安く買い叩かれているのが現状です。

そんな時は無料の不動産一括見積もりが
オススメ
です。

ネットで申し込むだけで、

・かんたん入力で家・土地の査定額が
スグにわかる。

・自分で複数社の見積もりを取る必要がないから、
手間がかからない

・信頼できる業者しかいないので、
安心して査定を任せれる

・査定をしたことがない
女性や年配の方にも親切

・複数の業者間の見積りを『比較』
するから、高額買取が期待できる

・高く買い取ってもらうことで、
浮いたお金を子供の学費・老後の貯蓄に回せる

また下取り相場が見れるので、
知り合いの不動産会社の見積もりで

買い叩かれる心配がないですし、
価格交渉の引き合いに出す材料になります。


1000万円の差が出る不動産見積もりサービスを試してみる




一日一禅(メールマガジン・週刊)

あなたの疲れた心を軽くする「禅語」をメルマガで紹介するサービスです。
禅の心に触れて身も心もリフレッシュ!

下記のフォームに氏名とメールアドレスを入力して下さい。

お名前  
メールアドレス
※メールアドレスの入力間違いが多くなっていますので確認下さいね。※



Sponsored Links

\ SNSでシェアしよう! /

WABI×SABIの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

WABI×SABIの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
Sponsored Links