歌舞伎では女は舞台に上がれない!?子供ならOKって本当?

歌舞伎の舞台には
女性は上がれないはずなのに、
出演者を見ると、女性の名前が・・・と
驚いたことがあります。

よく見ると、それは子役のお名前。

歌舞伎役者さんが
自分のお嬢さんを舞台に上げることも
ありますね。

海老蔵さんのお嬢さんとくまモンが
熊本の八千代座の舞台で共演して、
話題になったこともありました。

ということで・・

子供であれば、女性でも歌舞伎の舞台に
立てるようなのですが、
何歳くらいまで許されるのでしょうか・・?

Sponsored Links


 

歌舞伎の舞台は女人禁制!?その理由とは?

toyo_oshichi_hon2_s

歌舞伎の舞台に女性が立つことは
ほとんどありません。

とはいっても、相撲の土俵のように

「神聖な場所なので、
例えトロフィーを渡すだけでも
女性は上がってはいけません」

というような決まり事ではないのです。

女性が舞台に立たなくなったのは、
江戸時代に、「風俗を乱す」という理由で
幕府によって禁止されたことがきっかけです。

では、江戸幕府はもうなくなり、
男女平等の世になり、
当然、政府による歌舞伎の規制なども
ない現代でも、
女性が歌舞伎の舞台に立たないのは
どういう理由なのでしょうか?

それは、長年かけて作りあげた女形の芸は、
女性では代替できないからなのです。

男性が女性を演じるために、
歌舞伎役者は、
女性らしく見えるように
首のかしげ方や、歩きかたなど・・
大げさにデフォルメして演じました。

ですから、女性が同じ演技をすると、
やりすぎになってしまって、
嫌らしい雰囲気になってしまうのです。

また、衣装も男性の骨格に合わせて
作られているので
女性が身につけると、大きすぎたり、
アンバランスになってしまいます。

Fukusuke_Nakamura_IV_as_Miuraya_Agemaki

こんなたくさんのかんざし、
女性が身に着けたら
首がまわらなくなってしまいますよね。

つまり、歌舞伎の舞台に女性が立つと
何かと違和感が生じてしまうので、
女性は舞台に立たないのです。

女性が禁止なのは最初から?

b_2_1_c

ご存知の通り、歌舞伎の元祖は出雲の阿国。
女性です。

阿国の一座による演技は、大変人気が高く
同じような劇団が数多くできました。

その人気にあやかるべく、
遊女屋でも遊女による劇団を仕立てたのです。

遊女屋の目的は、お客をお店に呼ぶことで、
舞台は、その宣伝の場所。
遊女は歌舞伎が本業ではありませんから、
芸があるわけではありません。
しかし、その色っぽい姿を見ようと
大勢の男性が集まりました。

そして、気の荒い男性が集まれば
ケンカなども騒ぎが起こる・・

というわけで、

幕府は風俗を乱すからという理由で
女性が歌舞伎の舞台に立つことを
禁止してしまったのでした。

それから、男性だけで歌舞伎を
運営していくことになり、
男性が女性を演じる女形も
生まれてきたわけです。

Sponsored Links

子供の女の子はOKって本当!?

さて、話を現代に戻しましょう。

歌舞伎には、子役が出てくる演目が
数多くあります。

例えば、花魁の付き人である
禿は子どもが務めます。

2010031523231546cs

こういう役は、歌舞伎役者の子供、
または、一般の劇団の子供が務めますが、
女の子も出演しています。

歌舞伎の子役は、一本調子の独特の抑揚で
セリフを言います。
なので、男の子が演じても、女の子が声を出しても
違和感がないのです。

因みに、幸四郎さんのお嬢さんである、
松たか子さんも
初舞台は歌舞伎の子役だったそうです。

何歳くらいまで、子役で出演できるのでしょう?
声変わりをしてしまったら

子供とは言えませんので、
10歳くらいまででしょうか

ですから、子役として女の子が舞台に出られるのも
同年代まででしょう。

ただし、今でも、俳優祭など特別なときは、
女優さんも
歌舞伎の舞台にたつことはあるのです。

結局、禁止されているわけではないのに
女性が歌舞伎に出演しないのは、
その方が伝統的な歌舞伎らしい・・
ということなのだと思います。

 

まとめ

  • 女性が歌舞伎の舞台に立たないのは
    江戸幕府が禁止したことがきっかけ。
    阿国の時代は、むしろ女性の芸能でした。

 

  • 現在も、明確に女性が舞台に立つことを
    禁止しているわけではありません。

 

  • 女性が舞台に立たない理由は、
    歌舞伎が男性だけの芸能として
    芸が成立しているからです。

 

  • 子役は、女の子も出演しています。

Sponsored Links


家・土地を最高価格で売却する裏ワザ

家・土地を売った人の実に80%以上の人が

『比較』せずに不動産を売っています。

※家・土地の査定は
複数の業者間で『比較』することで、
査定額に1000万円以上もの差が出ます。

なぜこんなことが
起こってしまうかというと、

・親の急死でとにかく処分したかった
・親の遺産で不動産売却の知識がなかった
・どうやって売るか?知らなかった
・個人で売買の交渉をする自信がない

など、不動産売却の知識がないために
安く買い叩かれているのが現状です。

そんな時は、
『無料の不動産一括見積もり』オススメです。

ネットで申し込むだけで、

・かんたん入力で家・土地の値段がわかる
・自分で見積もりを取る必要がない
・信頼できる業者しかいないから安心
・査定経験がない女性や年配の方にも親切
・『比較』するから高額査定が期待できる

また下取り相場が見れるので、

『買い叩かれる心配がない』ですし、
価格交渉の引き合いに出す材料になります。

⇒1000万円の差が出る無料見積もりを試してみる

【関連する人気記事】