1. TOP
  2. 袋師の土田友湖とは?【千家十職の覚え方講座】

袋師の土田友湖とは?【千家十職の覚え方講座】

 2015/04/30 千家十職 覚え方
この記事は約 4 分で読めます。 3,241 Views

濃茶席で道具組みを拝見する時、茶入れを包む仕服が
まず目に入るのではないでしょうか。
華やかだったり、時代のものだったり・・。
千家十職で、その仕服を作る袋師が土田友湖です。

Sponsored Links

高価な茶入を守り飾るのが仕服の役目

仕服

袋師の主な仕事は、茶入れが入っている袋である仕服を
制作することです。
茶入は濃茶を入れる容器で、点前をするときには
仕服で包んで茶席へ持ち出します。

 

信長や秀吉の時代には、茶入れは戦功の褒賞としてやり取りされ、
中には、一国に匹敵するほどの価値を認められたものもありました。
大変な価値のある茶入れを保護するため、袋に入れて扱うようになり
その結果仕服が生まれました。

 

桃山文化華やかな時代ですので、ただ保護する為の裂地では面白くないと
ばかりに、様々なデザイン、珍しい裂地を使って袋が作られました。
そして、個性的な仕服も鑑賞の対象になっていきました。

 

袋師の仕事

20

茶入は一つずつ大きさや形が違うので、まず、高さ、口径などの寸法を計り
それに合わせて、袋を仕立てる必要があります。

華やかな裂地に目がいく仕服ですが、あくまで、茶入れが主役であって、
それを引き立たせることが仕服の重要な役目です。
茶入れの持ち主から好みや希望を聴きながら、裂地を選び、
仕服の制作を行うそうです。

袋師は、仕服のほかにも服紗、数寄屋袋、男物の帯も制作し、
また、茶巾や布巾、手拭きなど、茶道で使う布製品全般を扱っています。

Sponsored Links

琵琶湖の舟の上で賜った「友湖」の号

img59489241

土田家の祖先は近江国蒲生郡土田村の出身の侍・土田七大夫
言われています。

その子孫・半平は京都に出て商人となり西陣の仲買いをしていましたが、
手先が器用だったため、近隣に住む袋物師亀岡宗理に
袋作りの技術を教わりました。

宗理は茶道に熱心で、藤堂家の茶頭に就任するにあたり、
家業の全てを土田半平に譲ります。
半平は、それより袋師となりました。

初代半平は、表千家7代如心斎と俳諧を通じて深い交友がありました。
如心斎が大津の石山寺へ参詣した際、半平はお供をしますが、
琵琶湖に船を浮かべて観月の遊びをしていたときに、
何か感じるところのあり船上で剃髪しました。
その際、如心斎より「友湖」の号を賜ったそうです。

琵琶湖の船上で、「湖の友」という名前を頂くとは、
何ともいえず風流な感じがしますね。
その後、代々、友湖の名前は当主に伝わっていきます。

Sponsored Links

服紗にも事業を広げる

20131113_ebeca8

当初仕服だけを制作していた土田家ですが、5代のころより
服紗を扱うようになります。
これは、古くから服紗を扱う室町一文字や笹屋といった家が絶えたため、
表千家9代了々斎の引き立てを受けたものでした。

 

苦難の時代を乗り越えて

他の千家十職と同様、江戸末期以降土田家にも苦しい時代が続きました。
天明の大火で家屋を消失したのち、1864年には蛤御門の変でも、
再び家が全焼し資料が焼失しました。

明治に入ると、後継ぎの早世が続きます。そのため、7代の娘、
8代の妻の阿さ10代目を継いで昭和15年まで稼業を支えました。

11代は10代の没後を継ぎますが、満州事変後、数度の召集を受け、
茶道どころではない時代を過ごします。
戦後、やっと茶道の復興の兆しが現れた頃には、身体を壊し、
病と闘いながらの生活になりました。

当代12代は、11代が身体をこわしたため、昭和29年中学卒業と同時に
表千家の内弟子に入り家元へ通うようになります。
昭和35年からは、父親の代理で十職の一員として家元に出入りする
ようになりました。

ご本人も「弟子と職家の二足のわらじを履いてた」と話しているように、
作る側・使う側の二つの目をもって袋師としての伝統の技の継承
努めていらっしゃいます。

Sponsored Links



不要な着物を高価買取♪

お家に不要な着物はありませんか?

※実は着物を売った人の実に90%以上の人が
タダ同然の値段で着物を売ってしまっています。

そんなあなたには着物を高価買取してくれる
『着物買取の買取プレミアム』がオススメです。

着物買取プレミアムなら、

・自宅まで無料で出張査定・買取
・帯・帯締め・草履・小物も買取OK
・業界内トップシェア級で信頼できる
・電話対応で面倒な入力必要なし

など着物を処分したい方にはぴったりです。

また今は世界的に日本文化が人気で
着物の需要が
高まっているので
高価買取が期待できます。


\ SNSでシェアしよう! /

WABI×SABIの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

WABI×SABIの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
Sponsored Links



一日一禅(メールマガジン・週刊)

あなたの疲れた心を軽くする「禅語」をメルマガで紹介するサービスです。
禅の心に触れて身も心もリフレッシュ!

下記のフォームに氏名とメールアドレスを入力して下さい。

お名前  
メールアドレス
※メールアドレスの入力間違いが多くなっていますので確認下さいね。※