着物の履物は小さい方が粋って本当?正しいサイズの選び方!

着物の時の履物である草履。
普段、夏にゴム草履を履くことはあっても、
それ以外の機会に草履を履くことは
あまりありませんよね。

草履は小さい方が粋に見える・・
といいますが、
小さいサイズを履けば、擦れたりして、
足が痛くなりそうです・・。

着物の履物の選び方にはルールがあります。
そして、足が痛くならないための
対策もあるのです。

履物選びのルールと痛み対策を
ご紹介しましょう。

 

Sponsored Links


着物の履物は小さい方が粋って本当?

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

出典:http://forkn.jp/book/5070/page/3

 

着物に合わせてはく草履
少し小さめの方が粋だと言われています。

大きめの草履だと、
かかとを引き摺って、
「ズルズル」という音がして野暮。
一方、小さめの草履で前方に重心をかけて
「スタスタ」歩くのが「粋」というわけです。

ただし、粋に見せるためだけに、
窮屈な思いをしながら、小さい草履を
我慢して履いているわけではありません。

実際に少し踵が出るくらいの大きさの方が
草履が足に密着するので 歩きやすいのです。

また、大きめの草履だと、
きものの裾を踵と草履の台の間に巻き込んで
踏んでしまうことがあります。

礼装の場合は、
床に着くか着かないかという長さで着るので、
裾を巻き込みやすくなります。

そして、裾を踏みつければ、
着崩れの原因にもなるのです。

綺麗な着物姿を維持するためにも
小さめの草履を選ぶことが肝心です。

 

 着物の履物のサイズの選び方にはどんなルールがあるの?

original

出典:http://fujiya-kimono.jugem.jp/?eid=58

着物姿で一番綺麗に見える草履の履き方は
かかとが端から1cmほど出ている姿
言われています。

昔は3−4cmほど出していたそうですが、
今はそこまで小さい草履は履きませんね。

ただし、慣れてない方には、
かかと部分が痛くなってしまったり、
疲れてしまうこともあるようです。
履き慣れていない方は、
かかとがほんの少し出るくらいの
サイズがお勧めです。

Sponsored Links

履物が小さいから足が痛い!効果的な対策法は?

琉球がすり用草履

出典:http://www.akiosatoko.com/kimono/

草履を履いて、痛くなるところは、どの部分でしょうか?
圧倒的に、鼻緒が当たる、足の指の部分、
あるいは、甲の部分ではないでしょうか?

私も、甲高なので、履きなれない草履を履くと、
必ずと言っていいほど、
足の甲の部分に鼻緒ずれができてしまうのです。

草履を履いて足が痛くなるのは、
履物が小さいことが原因ではなく
鼻緒に原因があるようです。

対策法として大切なのは、
足が痛くならない鼻緒を選ぶことです。
鼻緒選びのポイントは、
太さ・柔らかさ・裏地です。

細い鼻緒は、肌に食い込みやすいので、
2cmくらいある太めのものを選びましょう。

そして、柔らかい鼻緒を選ぶこと。
エナメルで硬いものよりも、
中に綿が入ったふっくらしたものが
お勧めです。

最後に、肌に直接当たる裏地もチェックします。
起毛してある柔らかい素材
探してみましょう。

痛くならない鼻緒を選んだら、
歩き方も気をつけましょう。
足を、あまり奥まで押し込むと、
指と指の間が擦れてしまいます。

脱げない程度に浅く履くのがポイントです。

 

まとめ

  • 大きな草履を引きずって歩くより、
    小さい草履で「スタスタ」と歩くのが
    粋に見えます。

 

  •  着崩れを防ぐためにも、
    小さめの草履がお勧め。
    かかとが1cm程度でるものを選びましょう。

 

  •  足が痛くなるのは、鼻緒が当たる部分。
    太くて、柔らかくて、
    裏が起毛の鼻緒を選びましょう。

 

  •  深くまで足を入れると指の間が擦れるので、
    少し浅めに履きましょう。

痛い草履を無理して履くよりは、
履き心地の良い草履で出かける方が
ずっと気持ちも楽になるはず。
草履も慎重に選びたいですね!

Sponsored Links


家・土地を最高価格で売却する裏ワザ

家・土地を売った人の実に80%以上の人が

『比較』せずに不動産を売っています。

※家・土地の査定は
複数の業者間で『比較』することで、
査定額に1000万円以上もの差が出ます。

なぜこんなことが
起こってしまうかというと、

・親の急死でとにかく処分したかった
・親の遺産で不動産売却の知識がなかった
・どうやって売るか?知らなかった
・個人で売買の交渉をする自信がない

など、不動産売却の知識がないために
安く買い叩かれているのが現状です。

そんな時は、
『無料の不動産一括見積もり』オススメです。

ネットで申し込むだけで、

・かんたん入力で家・土地の値段がわかる
・自分で見積もりを取る必要がない
・信頼できる業者しかいないから安心
・査定経験がない女性や年配の方にも親切
・『比較』するから高額査定が期待できる

また下取り相場が見れるので、

『買い叩かれる心配がない』ですし、
価格交渉の引き合いに出す材料になります。

⇒1000万円の差が出る無料見積もりを試してみる

【関連する人気記事】