1. TOP
  2. 着物のたたみ方!長襦袢から振袖まで基本をくわしく紹介

着物のたたみ方!長襦袢から振袖まで基本をくわしく紹介

着物 着物 収納
この記事は約 4 分で読めます。 6,870 Views

母が遺した着物がどんなものか
広げてみたいけど、
たたみ方がわからないので無理!

・・これは、⒖年前の私の姿です。
着物は、親にまかせっきりにしていたので
母が他界した後、しばらくは、
全く手が付けられませんでした。

覚えてしまえば着物のたたみ方は難しいことは
ないんですよね。

着物・長襦袢など、
種類別にたたみ方の基本を解説しますね。

Sponsored Links

着物の種類別!正しいたたみ方とは?

着物のたたみ方、1種類だと思っていませんか?

着物の種類別に、たたみ方があるんですよ。

基本は同じですので、難しいことはありません。

 

男女物関係なく訪問着や振袖をたたむ「本だたみ」

まずは、基本の本だたみから。

tatamikata_no1

1.左に衿、右に裾がくるように平らに広げます。

2.下側に着ている前身頃(下前)の
 脇の縫い目を折り、

 おくみを裾まで斜めに折り返します。

3.上前の衿を、下前の衿に合わせて重ねます。
 その際、衿を内側に折り込んでおきます。

4.上前の脇の縫い目を下前の脇の縫い目に重ねます。
 そうすると、背中の中心の縫い目で
 きれいに折れるはずです。


ここで、身ごろの内側に収まっている衿に

 シワがよってないかを確認しましょう。

5.左袖を、袖付け線より少し内側に入ったところで、
 身頃側に折返します。

6.下側の袖(右袖)を身頃の下に折り返します。

7.身頃を衿下から二つに折ります。

 

留袖や男物の紋付き、こども着物などの「夜具たたみ」

留袖、男物の紋付き、刺繍や箔のある訪問着は、
紋や模様を傷めないよう夜具たたみをします。

夜着だたみは大きくたたむので、
シワがつきにくくなります。

yagi_datami

まず、広げ方までは、本だたみと同じ。
紋や箔、刺繍の位置には薄紙や和紙を当てます。

1.衿を内側に折りたたみ、脇の縫い目で
 下前、上前の順にたたみます。

2.袖つけの縫い目で下前の袖(右袖)、
 上前の袖(左袖)の順で折って身頃の上に重ねます。

3.裾を肩山にあわせ、身頃を半分に折りたたみます。
 折り目がつかないように、
 和紙を軽く巻いたものや真綿などを置きます。

 

本だたみの仮のたたみ方「袖だたみ」

狭くて、着物を広げられない場合や、
いでいるので仮にたたむ場合には
袖だたみをします。

20101126_1328865

1.左右の袖を合わせて、
左右の後ろ身頃も合わせます。

 後ろ身ごろは、脇線を重ねて、
 中心線で谷折りにする感じです。

2.重ねた袖を身頃に折り重ねます。
 肩山と袖山を重ねます。

3.身頃を二つ折りにします。

 

 長襦袢やコートの「襦袢だたみ」

襦袢やコートは、
着物とはたたみ方が違いますね。

juban

1.肩を左に置いて平らに広げます。
 上下の前身頃、脇線で内側に折ります。

2.前の脇の縫い目を身巾の
 中心に折り返します。

 袖はもう一度外側へ、
 袖口が身頃から出ないように折ります。

3.上前身頃も同じように折ります。

4.身丈を二つ折りにします。

Sponsored Links

二つ折りor三つ折りはたとうしや収納サイズに合わせて調整

様々な折りたたみ方を紹介しましたが、
身丈を二つ折り
つまり、身丈が半分になるようにして
終わるようにしました。

ただ、実際は、引き出しやたとう紙に収まるように
たたむ事になりますね。
必要があれば、三つ折りにして、
長さを調整してください。

 

帯の簡単なたたみ方は?動画で紹介! 

袋帯は、長い長方形なので、
半分に・・半分に折って・・いけばよいのですが、
テとタレが分かれている名古屋帯をたたむのは
意外と難しいのです。

なかなか言葉で説明が難しいので、
簡単な名古屋帯のたたみ方
動画をご覧ください!

 

これだけのたたみ方を覚えておけば、
もう、着物に触ることを
恐れる必要がありませんよ!

Sponsored Links



不要な着物を高価買取♪

お家に不要な着物はありませんか?

※実は着物を売った人の実に90%以上の人が
タダ同然の値段で着物を売ってしまっています。

そんなあなたには着物を高価買取してくれる
『着物買取の買取プレミアム』がオススメです。

着物買取プレミアムなら、

・自宅まで無料で出張査定・買取
・帯・帯締め・草履・小物も買取OK
・業界内トップシェア級で信頼できる
・電話対応で面倒な入力必要なし

など着物を処分したい方にはぴったりです。

また今は世界的に日本文化が人気で
着物の需要が
高まっているので
高価買取が期待できます。


\ SNSでシェアしよう! /

WABI×SABIの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

WABI×SABIの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
Sponsored Links



一日一禅(メールマガジン・週刊)

あなたの疲れた心を軽くする「禅語」をメルマガで紹介するサービスです。
禅の心に触れて身も心もリフレッシュ!

下記のフォームに氏名とメールアドレスを入力して下さい。

お名前  
メールアドレス
※メールアドレスの入力間違いが多くなっていますので確認下さいね。※