ひとえの着物を結婚式で着るのはマナー違反?いつ着るもの? 

学生時代の友人の結婚式に招かれた時、
「同級生の〇〇ちゃんの結婚式と
招待客は、たぶん、同じ顔ぶれだろうから
今回も同じ着物とはいかないよなぁ・・。」
なんて、考えてしまいますよね。

「実家にひとえの着物があると母が言ってたけど、
それは結婚式に着ていけるのかしら?」
と思いついた方もいると思います。

ひとえの着物が結婚式に着ていけるかどうかは、
結婚式の開かれる季節と、
ひとえの着物の柄によるのです。

ひとえの着物の着るタイミングなどについて
まとめてみました。

Sponsored Links


ひとえの着物の使い道!結婚式ではマナー違反?

2

出典:http://kimono-kirunara.com/wp-content/uploads/2013/06/2.jpg

まずは、ひとえの着物が何か、整理しましょう。

ひとえの着物とは、裏地のない和服のことです。
つまり、比較的暑い季節にきる着物なのです。

ひとえの着物にも、
様々な織り方、染め方や模様のものがあります。
紬のひとえもあれば、小紋のひとえもありますし、
訪問着のひとえもあります。
様々な格のひとえの着物があるわけです。

ということは、ひとえというだけで、
結婚式に着てはいけない
ということはないのです。

6月~9月の暑い季節に、
結婚式やお茶会などの
フォーマルな場所に出かけるときは、
訪問着や無地のひとえの着物を着ればよいのです。

 

ひとえの着物はいつどんな時に着るのが正解?

スクリーンショット-2014-12-08-16_13_47-660x350

出典:http://ommki.com/news/archives/307

 

ひとえの着物は、
6月から9月までの間に着るというのが慣例です。

ただし、地域によって気候が違うので、
多少、前後しても問題ありません。

だいたい、最高気温が25度を超えるようなころから
ひとえの着物に替えると考えておけばよいでしょう。

最近は温暖化で温度が高い時期が
長くなりましたので、
5月の下旬から、10月の上旬くらいまでが
ひとえの期間と考えてもよいようです。

7月、8月の盛夏は、ひとえでも、
絽・紗などの透け感のある織物や
麻などの夏向けの素材の着物を身に着けます。
着た感覚も、見た目も涼しくさせるのが
粋な着こなしですね。

Sponsored Links

 

そもそも「ひとえ」と「あわせ」の違いとは?どう使い分ける?

「ひとえ」の着物は裏地がないのに対し、
「あわせ」の着物は裏地がついた着物です。

ひとえとあわせの使い分けは、
学校の制服の衣替えと同じように
考えればよいと思います。

だいたい、
10月~5月があわせ、
6月~9月がひとえ
の季節です。

 

ひとえの着物の良さやメリットとは?

IMG_2264

出典:http://www.wabitas.com/blog/wp-content/uploads/2016/02/IMG_2264.jpg

ひとえの着物は、裏地がないので、
あわせの着物よりも、ずっと軽い着心地です。

裏地を合わせて縫製する必要がないので、
お仕立て代も、あわせよりもお安くすみます。

ならば、ひとえの着物をたくさん作ろう!
と思うかもしれませんが、
ひとえの着物が着られる期間は
実質2か月。

7~8月に着る盛夏用のひとえと
5月・9月に着るひとえは、
異なる織・素材のものです。

ひとえの着物が着られる期間は、
あわせよりも短いのです。
カジュアル用とフォーマル用、
加えて、盛夏用のもの
合わせて3-4枚のひとえの着物があれば、
まずは、十分だと思います。

 

まとめ

  • ひとえは裏地のない着物のことです。

 

  • 小紋・無地・訪問着など、それぞれに
    ひとえがあります。
    結婚式には、無地や訪問着のひとえを
    着ていけばよいでしょう。

 

  • あわせは、10月―5月、
    ひとえは6月―9月にに着用します。
    7月-8月は涼しい素材の
    盛夏用の単衣を着用します。

 

さて、まずは、家にあるひとえの着物が
訪問着なのか?小紋なのか?
格をチェックしてみましょう!

訪問着のひとえならば、
問題なく、結婚式に着て出かけられますよ。

Sponsored Links


家・土地を最高価格で売却する裏ワザ

家・土地を売った人の実に80%以上の人が

『比較』せずに不動産を売っています。

※家・土地の査定は
複数の業者間で『比較』することで、
査定額に1000万円以上もの差が出ます。

なぜこんなことが
起こってしまうかというと、

・親の急死でとにかく処分したかった
・親の遺産で不動産売却の知識がなかった
・どうやって売るか?知らなかった
・個人で売買の交渉をする自信がない

など、不動産売却の知識がないために
安く買い叩かれているのが現状です。

そんな時は、
『無料の不動産一括見積もり』オススメです。

ネットで申し込むだけで、

・かんたん入力で家・土地の値段がわかる
・自分で見積もりを取る必要がない
・信頼できる業者しかいないから安心
・査定経験がない女性や年配の方にも親切
・『比較』するから高額査定が期待できる

また下取り相場が見れるので、

『買い叩かれる心配がない』ですし、
価格交渉の引き合いに出す材料になります。

⇒1000万円の差が出る無料見積もりを試してみる

【関連する人気記事】