1. TOP
  2. 着物の種類!簡単な見分け方をわかりやすく紹介!

着物の種類!簡単な見分け方をわかりやすく紹介!

 2016/02/11 着物 種類
この記事は約 5 分で読めます。 2,570 Views
unsodo-us-11

着物の種類!簡単な見分け方をわかりやすく紹介!

d24a81a5-cde7-4cba-bfe8-f4fa983ded88

ここ最近、日本人も外国人も着物を着る人が
よく見かけて来ました。

着物を気軽に着れて、
楽しんでいる方が増えている事は、嬉しいかぎりです。

 

でも、着物ってどんな時に着るのって聞かれたら…
上手く説明できますか?

何となくだけど…でも、言葉が詰まってしまいますよね。

 

これから着物を買う人も、初めて着物を着る人でも
簡単で分かり易くまとめて見ましたので、参考にして下さいね。

 

Sponsored Links

 

 フォーマルな着物の種類の特徴!見分けるポイントは?

 

着物でフォーマル(礼装)と言えば、
黒留袖、振袖、色留袖が第一礼装、訪問着、
色無地、付け下げ、江戸小紋と略礼装とあります。

第一礼装は最も格式があるので既婚、
未婚の正装として、結婚式や成人式など
参列にふさわしい着る着物です。

略礼装は、
入学式、お正月、お茶会、パーティなど
華やかさを添える着物です。

なので、着物の種類を理解しながら
着物を楽しんで見ましょう。

色留袖

黒留袖と同じ絵羽模様の柄付けですが、
着物の地色が【黒】以外の着物の事を言います。

以前は、既婚女性の正装でしたが、
今は未婚の女性も着れるんですよ。

ただ、

この着物の面白いのは、
【紋】の数によって格式が変わります。

五つ紋があれば、黒留と同様の第一礼装、
【紋】が三つ紋、一つ紋であれば、
略礼装として着れる着物です。

無地

色無地は、その名の通り柄のない
無地の着物です。

合わせる帯によってカジュアルとして着れる着物ですが、
背中心に【一つ紋】が付いて入れば、
フォーマルとしても着れます。

他にも、色喪服(お通夜など)としても着れます。
色は灰色や薄紫などちょっと地味な色にする事。
色喪服に明るい華やか色はダメですよ。

黒留袖

03131416_53213f32a82ed

着物を着ていない方でも、
一度は聞いた事や見たことがありませんか?

黒留袖は留袖の中でも、
裾のみに絵羽模様が描かれているのが特徴で、
既婚女性の第一礼装になるんですね。

黒留袖を着る時は、
結婚式の新郎新婦の母親と親族だけの
着物になります。

訪問着

格式で言うと第二礼装(略礼装)の着物です。

華やかな席として
お茶席やパーティ、結婚式(披露宴のみ)などに
着ていく着物ですが・・・

他にも入学式などに着れますよ。

振袖

 

home_plan_04振袖、成人式によく見かけませんか。

袖が長ければ長いほどフォーマルな着物ですが、
袖が一番長いのは本振袖と言って、
未婚女性の第一礼装になります。

他にも結婚式、フォーマル的なパーティにも。
後、結納など改まった場所に着用ですね。

付け下げ

 

85466454

付け下げは、訪問着と見た目が似ていますが、
訪問着よりも格下の着物です。

ただし、

訪問着と同格の華やかさを持つ【付け下げ訪問着】は、
改まった席にも着ていく事が出来ます。

付け下げとして、
カジュアル感覚としても着られるシンプルな柄も
あるので幅広く着こなせます。

 

Sponsored Links

カジュアルな着物の種類の特徴!見分けるポイントは?

カジュアルな着物には、昔ながらの【小紋】と
呼ばれる柄付けした着物や紬や木綿と言った
素材で作られた着物が特徴です。

 

15aw_kimono_06今は、デニムの素材で作られた着物も
あるから面白いですよね
着物って。

素朴で温かみのあるのも紬の特徴です。

それ故に、普段着やカジュアルとしても着られますが、
紬には奥が深く、着物通は、紬を最も好みます。

それは、紬の着物を着れば着る生地が柔らかく、
艶が出て身体に馴染んで来るんですね。

なので、初めて着物を着る方には
紬は向いているので、おススメします。

 

111007-mj-1-mainまた、紬の中でも、最も高い紬を訪問着仕立てにすると、
品があるオシャレ着として着れます。

小紋

 

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

小紋の中でも【江戸小紋】と【小紋】の2種類あります。

その中でも【江戸小紋】は格式が高く、
遠目から見ると無地に見える細かな柄付け
されているので略礼装になります。

【小紋】は全体に柄付けされているので、
気軽に楽しめる普段着や街着としても着られます。

浴衣

浴衣と言えば、夏の定番ですね。

浴衣の生地は、木綿で出来ているので、
汗を吸収するので乾き易いのが特徴。

そのため、元々は湯上りに着る室内着として、
また、素肌の上に直接に羽織って寝間着としても
着ていました。

夏の暑い日に着る夏着物のよりも、
気軽に簡単に着られてコーディネートも多種多様の浴衣。

そのため、柄付けも古典柄もあれば、今風の柄付けもあって、
華やかで楽しめる浴衣が多く見かけますね。

夕済みや夏祭り、花火大会などみんなが楽しめて、
気取らない場所は浴衣を着るには最適な場所です。

友人や恋人、家族で浴衣を着て、
夏の暑い夕暮れを楽しんで見てはいかがでしょうか。

 

Sponsored Links



一日一禅(メールマガジン・週刊)

あなたの疲れた心を軽くする「禅語」をメルマガで紹介するサービスです。
禅の心に触れて身も心もリフレッシュ!

下記のフォームに氏名とメールアドレスを入力して下さい。

お名前  
メールアドレス
※メールアドレスの入力間違いが多くなっていますので確認下さいね。※

\ SNSでシェアしよう! /

WABI×SABIの注目記事を受け取ろう

unsodo-us-11

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

WABI×SABIの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

桃花

この人が書いた記事  記事一覧

  • 着物の長襦袢!サイズはどう選ぶ?袖丈は短めが良いの?

  • 着物の半襟!重ね襟や伊達襟とはどう違う?決まりはあるの?

  • 着物の足袋は洗濯できる?洗い方や注意点を詳しく解説!

  • 着物の名前!部分名称や小物の種類をくわしく解説

関連記事

  • 結婚式にアンティーク着物での参列はマナー違反になる!?

  • 着物の名前!部分名称や小物の種類をくわしく解説

  • 着物の袖の長さや形には種類が色々!それぞれどんな意味?

  • 着物は柄で着る季節が変わる!花の種類別でタイミングを紹介

  • 着物バッグのおしゃれな合わせ方!ブランドやクラッチはあり?

  • 着物の生地は素材の種類で格や季節が全然違う!選び方は?