たぬきの内容は?歌舞伎のあらすじを簡単に紹介!

「たぬき」といえば、人を化かすイメージですね。
この演目も、人間同士の化かしあい
テーマになった話です。

笑いが起こる喜劇なのですが、
人間の表と裏の態度の違いがあからさまに描かれていて、
終わった後には、なんとなく切なくなるお話です。

Sponsored Links


あらすじ

「たぬき」は火葬場のシーンから始まります。

Collecting_the_ashes_after_the_funeral_-J__M__W__Silver
火葬場では、柏屋金兵衛の葬式が営まれています。
この金兵衛は養子でありながら、
吉原で放蕩三昧をしてすごし、ある日、
酒を飲んで帰った後に疫病でぽっくりと亡くなってしまった
とのこと。

女房も愛想が尽きていたらしく、
「お骨は明日届けて」と言って家に帰ってしまいます。

ところが、皆が帰った後、金兵衛が息を吹き返します。
金兵衛は
「これはチャンス!
自分はこのまま死んだこととして、

妾のお染と暮らくことにしよう」
と考えます。

金兵衛が死んで、さぞかし悲しんでいるだろうと
お染の所へ向かうと、全く悲しんでいる様子はみえず、
それどころか、愛人がいていちゃついていました。

怒った金兵衛。

お染が金兵衛を幽霊と勘違いして気絶した間に、
お染が自分から引き出した金を取り返して、
去っていきました。

それから、2年後。
金兵衛は、名を変え、全く新しい人生を始め、
成功を収めていました。

金兵衛は、柏屋が恋しくなったのか、
柏家の近くに現れます。
すると、女中に連れられた金兵衛の息子、
梅吉が通りかかります。
梅吉は金兵衛を見て父親だと気がつき
「ちゃん!」
と呼びかけます。

うろたえる金兵衛ですが、化けの皮がはがれたことを悟り、
柏屋へと向かうのでした。

images

 

思い出

私がこの演目を観たのは、2014年の8月。
10代目の三津五郎さんが金兵衛の役でした。
そして、梅吉は、三津五郎さんの盟友であった勘三郎さんの孫で
3歳の七緒八くん。

三津五郎さんは、金兵衛の感情の変化を
とても上手に演じられた上、
七緒八くんに、とても温かい目を注いでいたのが
印象的でした。

その三津五郎さんも、その舞台から半年後に
天国に旅立たれてしまいました。
本当に寂しい限りです。

Sponsored Links


家・土地を最高価格で売却する裏ワザ

家・土地を売った人の実に80%以上の人が

『比較』せずに不動産を売っています。

※家・土地の査定は
複数の業者間で『比較』することで、
査定額に1000万円以上もの差が出ます。

なぜこんなことが
起こってしまうかというと、

・親の急死でとにかく処分したかった
・親の遺産で不動産売却の知識がなかった
・どうやって売るか?知らなかった
・個人で売買の交渉をする自信がない

など、不動産売却の知識がないために
安く買い叩かれているのが現状です。

そんな時は、
『無料の不動産一括見積もり』オススメです。

ネットで申し込むだけで、

・かんたん入力で家・土地の値段がわかる
・自分で見積もりを取る必要がない
・信頼できる業者しかいないから安心
・査定経験がない女性や年配の方にも親切
・『比較』するから高額査定が期待できる

また下取り相場が見れるので、

『買い叩かれる心配がない』ですし、
価格交渉の引き合いに出す材料になります。

⇒1000万円の差が出る無料見積もりを試してみる

歌舞伎 演目



蒲生 はなをフォローする
WABI×SABI~日本をもっと身近に~