華道草月流の教室に通いたい!特徴や資格を紹介します!

草月流のいけ花は、ダイナミックで前衛的

アーティスティックに活けてみたい
モダンな部屋に合ういけ花を学びたい
という方にはオススメの流派です。

草月流の歴史や特徴を調べてみました。

Sponsored Links


華道草月流の特徴は?他の流派との違いは?

slide_image
出典:http://jmty.jp/

草月流のいけばなの特徴は、
自由で前衛的だということ。

いけ花と言うより、
インスタレーションと表現した方が
ピッタリと来るかもしれません。

花にこだわらず、紙や合成樹脂、金属など
あらゆる素材を取り混ぜ、
植物にも着色したり、針金を入れたりして
立体を構成させます。

そのため、大きくいけることができるので、
舞台美術やショーウィンドウを
飾るディスプレイによく使われていますね。

「自然にいける」というよりも
「人工的に組み立てる」
という表現の方がピタリとくるかもしれません。

「アート作品」として世界的に評価される一方
自然の花の姿を愛する人々からは、
評価されないこともあるようです。

ただし、草月の特長は、
余白も美しさととらえて
空間を構成する点にあります。

とても前衛的でありながら、
余白を重視するという意味では、
日本の伝統的な美的感覚を
踏まえているいけ花なのです。

Sponsored Links

草月流の歴史は長い?気になる成り立ちとは?

草月流の歴史は浅く、
1927年初代家元勅使河原蒼風によって
創立されました。

蒼風は、幼い時からいけばなの指導を
受けましたが、
型通りにいけるいけばなに疑問を持ち
新たな流派を設立します。

第二次世界大戦後は、
欧米各地で展覧会を精力的に行い、
いけ花を世界的に広めました。

蒼風亡き後、その次女が二世を継承しましたが
早世してしまい、
その後を長男の勅使河原宏氏
三世として家元を継承します。

宏氏は、芸術的にマルチな才能
持ったひとでした。

東京芸術大学で油絵を学び、
岡本太郎とともに、
前衛芸術グループ「世紀」に参加しました。

監督した映画「砂の女」では
カンヌ映画祭審査員特別賞
受賞しています。

 

299468a257835-ae16-4fe8-a167-0894c2f27ebc_m
出典:https://www.atpress.ne.jp/

現在は、宏氏の次女茜氏
2001年に第4代家元を継承しています。

茜氏も父と同様、他のアーティストと
コラボレートした創作活動などを
活発に行っています。

草月のいけばなが
花を飾ることにとどまらないのは
代々、多様な才能を持った家元を
輩出してきたからなのです。

 

草月流の資格を取りたい!師範までの道のりやお免状の種類は?

%e8%8d%89%e6%9c%88%e6%b5%81%e6%96%b0%e5%b9%b4%e4%bc%9a2016
出典:http://sougyoku.com/
草月流のいけばなは、前衛的ですが、
組織は伝統的ないけ花流派と同様、
家元を中心としたものです。

草月流で師範の資格を取得するまでには
定められた段階のレッスン(稽古)を
積む必要があります。
自由に花を活けることを重視する流派ですが、
基礎段階ではカリキュラムが定められており、
まずは、「型」を学んでいきます。

カリキュラム1、2は、どちらも20段位。
それぞれ6か月程度で修了します。

カリキュラム3に進むと、型から離れ、
いよいよ自由にいけることへ踏み出します。

そして、カリキュラム4でさらに高度な技術を
身に付けていきます。

この4段階のカリキュラムを習得後、
師範(指導者)へのレッスンが始まります。

植物を使って自由な表現ができるように
レッスンを続けていきます。

そのカリキュラムを完全に身につけると
4級師範証書、そして、
指導者の証である
看板・席札の申請ができます。

さらにこれで、修了ではないのです。
師範の資格も8段階あり、
さらに上の資格を目指して
みなさん、レッスンを続けていくのです。

 

草月流の花展にでかけると、
「これもいけ花なんだ・・」
というような斬新なインスタレーションが
数多く展示されています。

草月流に興味がある方は、
まずは、花展に出かけてみてください。
多くの発見がありますよ!

 

Sponsored Links


家・土地を最高価格で売却する裏ワザ

家・土地を売った人の実に80%以上の人が

『比較』せずに不動産を売っています。

※家・土地の査定は
複数の業者間で『比較』することで、
査定額に1000万円以上もの差が出ます。

なぜこんなことが
起こってしまうかというと、

・親の急死でとにかく処分したかった
・親の遺産で不動産売却の知識がなかった
・どうやって売るか?知らなかった
・個人で売買の交渉をする自信がない

など、不動産売却の知識がないために
安く買い叩かれているのが現状です。

そんな時は、
『無料の不動産一括見積もり』オススメです。

ネットで申し込むだけで、

・かんたん入力で家・土地の値段がわかる
・自分で見積もりを取る必要がない
・信頼できる業者しかいないから安心
・査定経験がない女性や年配の方にも親切
・『比較』するから高額査定が期待できる

また下取り相場が見れるので、

『買い叩かれる心配がない』ですし、
価格交渉の引き合いに出す材料になります。

⇒1000万円の差が出る無料見積もりを試してみる

【関連する人気記事】