広辞苑ではわからない!おもてなしの本当の意味とは?

“おもてなし“とはなにか?

hisumiy_20_1

2020年東京五輪の招致スピーチで

滝川クリステルさん

“お ・ も ・ て ・ な ・ し”と

世界に発信したのが話題になりましたね。

 

その“おもてなし”とはいったいなんなのか、

知っているようで説明できない言葉

なのではないかと思います。

広辞苑で調べてみると、

持て成し」と「持て成す」

それぞれ意味があるようです。

Sponsored Links


 

もて-なし【持て成し】

とりなし。とりつくろい。たしなみ。

源氏物語(末摘花)

「いとわろかりしかたちざまなれど—に隠されて」

ふるまい。挙動。態度。

源氏(空蝉)「ばうぞくなる—なり」

取扱い。あしらい。待遇。

源氏(桐壷)世の例にもなりぬべき御—なり」

「丁重な—をうける」

馳走。饗応。

「何のお—もできず失礼しました」

 

もて-な・す【持て成す】

とりなす。処置する。

取り扱う。たいぐうする。

歓待する。ごちそうする。

平家物語(11)「御前へ召されまゐらせて、

御引出物をたまはって—・され給ひしありさま」

面倒を見る。世話をする。

源氏(若紫)「そもそも女は人に—・

されておとなにもなり給ふものなれば」

自分の身を処する。ふるまう。

取り上げて問題にする。もてはやす

そぶりをする。見せかける

 

これら広辞苑を読んでみると、

“もてなし“よりも、そして”もてなす“のほうが、

いろんな意味を含んでいると感じました。

 

また、”おもてなし”は、

誰かに影響を与える行為であることもわかります。

“おもてなし”とは、

自分がある相手をどのように受け入れるのかを、

振る舞い(行為)として表すものではないかと定義しました。

Sponsored Links

 

“おもてなし”の由来は?

hisumiy_20_2

“おもてなし”の由来は、

「持て+成す」で取り持って行動すること

からきているという説があるようです。

 

取り持つというのは、二者の間に立ち、

その関係が良好なものとして成立するように

働く意のことをいいます。

 

由来を見てみると、

仲介の役割が強く出ていますね。

このように、誰かと誰かの関係を結ぶ人たちは、

その二者の関係ができるだけ良好になるような、

心地良い振る舞いをしていたことが伺えます。

 

こういった振る舞いが、

だんだんと大切に大事に思われていくようになり、

個人の振る舞いにも

根付いていくようになったのではないかと思いました。

 

一期一会の際や、

大切な人に会うときなど、

“おもてなし”の振る舞いを大切にしていったのだと思います。

 

 

“おもてなし”の意味を知って、今私ができること

hisumiy_20_3

自分と関わる人をハッピーにする、

心地よくする、

新しい出会いや発見があるというのを

“おもてなし”と受け止めて、

今私ができることを3つ考えました。

 

1:知り合いだったら、元気よく笑顔で挨拶をする。

2:誰かが話しているときは、必ず聞く。

3:なるべくポジティブな答えを伝える。

 

こう並べてみると、とても当たり前であるし

“おもてなし”という言葉とはほど遠いもの

に感じるかもしれません。

 

しかし、

おもてなしは実は

私たちの生活の中で自然にあるものだと思います。

自分が、振る舞いという動作をすることで、

相手が視覚的におもてなしを感じるというのは、

なんだか日本舞踊を見ているようだと思いました。

 

言葉で伝わるものでなく、

動作が言語になっているところが

日本舞踊と共通する点です。

 

だからこそ、もしかすると“おもてなし”は、

言葉の通じない他の国の人にも伝わるすてきな所作

なのかもしれませんね。

 

広辞苑をいくら読んでもわからない。

それは、きっと広辞苑から得られた意味を

自分なりに解釈して答えることだから

なのかもしれないと思いました。

小さな“おもてなし”から始めてみると、

実は大きなおもてなしになっているかもしれませんね。

Sponsored Links


家・土地を最高価格で売却する裏ワザ

家・土地を売った人の実に80%以上の人が

『比較』せずに不動産を売っています。

※家・土地の査定は
複数の業者間で『比較』することで、
査定額に1000万円以上もの差が出ます。

なぜこんなことが
起こってしまうかというと、

・親の急死でとにかく処分したかった
・親の遺産で不動産売却の知識がなかった
・どうやって売るか?知らなかった
・個人で売買の交渉をする自信がない

など、不動産売却の知識がないために
安く買い叩かれているのが現状です。

そんな時は、
『無料の不動産一括見積もり』オススメです。

ネットで申し込むだけで、

・かんたん入力で家・土地の値段がわかる
・自分で見積もりを取る必要がない
・信頼できる業者しかいないから安心
・査定経験がない女性や年配の方にも親切
・『比較』するから高額査定が期待できる

また下取り相場が見れるので、

『買い叩かれる心配がない』ですし、
価格交渉の引き合いに出す材料になります。

⇒1000万円の差が出る無料見積もりを試してみる

【関連する人気記事】