龍虎の内容は?歌舞伎のあらすじを簡単に紹介!

謡曲「龍虎」をもとにした舞踊です。
1951年、坂東蓑助(今の巳之助の祖父)と
實川延若によって、初めて演じられました。

 

Sponsored Links


あらすじ

天の王者の龍と、地の覇者である虎の争う様子
舞踊で表現しています。

201412142225418d1s
力の伯仲した龍と虎の激しい戦いが繰り広げられます。
低く響く太棹三味線の竹本の演奏にのって、
両者とも、

最後は、毛を振り激しく力強く、
戦い続けます。

しかし、勝敗は決まらず、
龍は雲の中へ、虎は洞窟へと去っていきます。

 

みどころ

若手の役者が激しく踊り合うのが見どころ。
荒々しくて、かっこいい踊りです。

その激しさゆえか滅多に上演されない演目です。
過去10年間で上演されたのは2回だけ。

幸運なことにその2回とも、私は拝見しました。

無題

2008年11月は、新橋演舞場で 龍が、今話題の愛之助。
それに対し、虎は獅童。
脂がのり始めた二人の役者が、
力と力をぶつけあう激しい踊りでした。

2回目は、2014年8月 歌舞伎座の納涼歌舞伎で、
龍が獅童、虎が巳之助。

前回の上演時と比較し、
貫禄がついてきた獅童の龍に対し、

若き巳之助の虎がしなやかに戦いを挑む
といった
構図でした。

巳之助にとっては、祖父に所縁の演目ですから、
気合が入ってたように感じましたね。

さて、次はどんな若手俳優がこの舞踊に挑むでしょうか?

Sponsored Links


家・土地を最高価格で売却する裏ワザ

家・土地を売った人の実に80%以上の人が

『比較』せずに不動産を売っています。

※家・土地の査定は
複数の業者間で『比較』することで、
査定額に1000万円以上もの差が出ます。

なぜこんなことが
起こってしまうかというと、

・親の急死でとにかく処分したかった
・親の遺産で不動産売却の知識がなかった
・どうやって売るか?知らなかった
・個人で売買の交渉をする自信がない

など、不動産売却の知識がないために
安く買い叩かれているのが現状です。

そんな時は、
『無料の不動産一括見積もり』オススメです。

ネットで申し込むだけで、

・かんたん入力で家・土地の値段がわかる
・自分で見積もりを取る必要がない
・信頼できる業者しかいないから安心
・査定経験がない女性や年配の方にも親切
・『比較』するから高額査定が期待できる

また下取り相場が見れるので、

『買い叩かれる心配がない』ですし、
価格交渉の引き合いに出す材料になります。

⇒1000万円の差が出る無料見積もりを試してみる

【関連する人気記事】